食育インストラクター・和田明日香が9日、都内で行われたツインバード『創業70周年リブランディング&新製品発表会』に出席。心に刺さったエピソード」として、料理愛好家で姑の平野レミからの金言を明かした。

【全身ショット】美脚がチラリ…エプロン姿で料理について語った和田明日香

 和田は「はじめてレミさんにごはんを食べてもらった時」と題したエピソードで「結婚するまで、料理をしたこともなければする気もなかったし、私の人生と関係ないと思っていたのですが(姑がレミだとわかり)これは大変になると思って、料理を覚えて…。でも、しばらく食べてもらうことが嫌だったんです」とプレッシャーを抱えていたことを吐露。

 続けて「とうとう逃げられなくなって、食べてもらった時に『なんだ。いいベロしているじゃない』って言ってくれて(笑)。それだけじゃなくて『人が作ってくれる、おうちのご飯っておいしいんだね』とも言われていて。たしかに、ずっと誰かのために料理を作ってきて、誰かに食べさせてもらったことがなかったんだったら、私が食べさせてあげなきゃと思って。それで料理の自信がつきました」と言葉に力を込めていた。

 同社は、創業70周年を迎え「本質的に価値ある家電を追求する」という思いのもと、2つのブランドラインとして、匠の技を家で好きなだけ味わえる「Takumi Premium」、本当に必要なものだけがくれる感動と快適を長く提供する「Kando Simple」を新たに立ち上げた。

 イベントにはそのほか、3時のヒロインも登壇した。