俳優の醍醐虎汰朗と三浦宏規が9日、都内で行われた舞台『千と千尋の神隠し』の製作発表会見に登壇。本作で、千尋にアドバイスを送ったり、彼女を陰で支える“ハク”(Wキャスト)を演じる思いを語った。

【動画】“千尋”役のWキャストが集結!お互いの印象を語る橋本環奈&上白石萌音

 醍醐は「日本のみならず、世界で愛される作品に参加できることを誇りに、そして幸せに思います」と元気よくあいさつするも「お風呂で(話すことを)考えたのですが、全部忘れてしまいました(笑)」というと、会場からも笑いが。

 続けて「プレッシャーも感じ、緊張もしていますが、それ以上にこんなにも素晴らしい方々に囲まれているので、胸を借りながら精いっぱいやりたい」とあらためて意気込みを口にした。

 三浦は「大変光栄でうれしく思います」とハクを演じられることに喜び。「まだまだ、舞台がどうなっていくのかは僕自身もわかっていない。どういうことになるのかワクワクしています。ハクなので、竜になるのか…。竜はどう表現するか…。そもそも、竜が出てくるのか、僕が竜になるのかはわからないのですが、楽しみにしています」と心待ちにしている様子だった。

 原作は、2001年に公開され、昨年末に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が更新するまで日本の興行収入1位を20年以上も守り続けた宮崎駿監督による不朽の名作。03年には米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞、19年には中国で公開されるなど、世界中で愛されている。

 会見には、千尋役(Wキャスト)の橋本環奈、上白石萌音、カオナシ役(Wキャスト)の菅原小春、辻本知彦、リン・千尋の母役(Wキャスト)の咲妃みゆ、妃海風、釜爺役(Wキャスト)の田口トモロヲ、橋本さとし、湯婆婆・銭婆役(Wキャスト)の夏木マリ、朴ロ美、兄・千尋の父役の大澄賢也、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、演出担当のジョン・ケアード氏、演出補佐の今井麻緒子氏も登壇した。

 公演は、東京・帝国劇場にて、2022年3月2日~29日(2月28日から3月1日にプレビュー公演)。ほか、4月13日から24日まで、大阪・梅田芸術劇場。5月1日から28日まで、福岡・博多座。6月6日から12日まで、北海道・札幌文化芸術劇場。6月22日から7月4日まで、愛知・御園座にて上演される。