俳優の反町隆史が、WOWOWで連続ドラマ化される吉谷光平の漫画『今どきの若いモンは』で主演を務めることが明らかになった。反町は同局のドラマ初主演となる。1話約8分×全22話の“大作ショートドラマ”で、放送は各回30分で3本立てという新スタイルで“国民的長寿ドラマ”を目指して製作に挑む。反町は「ショートドラマだからこそ面白く、そしてそこに強いメッセージも込められているので、ぜひお楽しみください!」とコメント。放送・配信は2022 年春予定。

【画像】原作漫画の第1話を1ページだけ

 「今どきの若いモンは」――きっと誰もが絶対言われたくない、そして言いたくもない言葉。そんな一言が口癖の“究極の上司”から目が離せないお仕事ショートドラマ。原作は、就活生やビジネスマンの間で絶大な共感を生み、第1話がツイッターで25 万いいね!を超え、1億回読まれた漫画。反町は“究極の上司”とも言える主人公・石沢一(いしざわ・はじめ)を熱演する。

 舞台はとある商社、三ツ橋商事。反町演じる石沢は、商社マンの課長という一見お堅いイメージの立場でありながらも、ノーネクタイの独自スタイルで仕事をする、コワモテの近寄りがたいキャラクター。醸し出されるその威圧感から若手社員たちとすれ違っただけでなぜか「すみません!」と言われてしまうことも。だが、石沢が彼らに投げかける口癖、「……ったく、今どきの若いモンは」のその先の言葉には驚きが待っている――。

 反町と言えばこれまでも、『GTO』、『ビーチボーイズ』、『ホットマン』など数々の大ヒットドラマの主演を務め、近年は「相棒」シリーズに出演し続け、不動の人気を誇っている唯一無二の存在。本作については「原作の漫画は以前読んでいて、キャラクターたちに魅力を感じていました。漫画原作のドラマにはこれまでも挑戦してきましたが、漫画だからこその面白さや実写化の壁を感じることも正直あります。でも、逆に実写化することでその壁を超えた、また新しい面白さを生み出すこともできると思っています」と、新たな代表作となる期待大。

 本作では、反町演じる主人公が発する「今どきの若いモンは」の真意に、新たな時代の上司像が投影される。それが最悪な上司なのか、理想の上司なのか、反町は「『究極の上司』とも言える僕が演じた石沢は、相手のことを思って、オブラートに包まずにストレートに自分の思いを伝えられる人。そういう石沢というキャラクターの魅力を大切に演じた」と語っている。
 
 脚本は、監督、脚本家、俳優とマルチに活動するアベラヒデノブ。監督は、劇団「山田ジャパン」を主宰し、「全裸監督」など多数の話題作の脚本も手がける山田能龍が務める。山田監督は「反町隆史さんは“若者代表”を担ってきたスターですよね。若者の葛藤、型破りな発想。それらを的確に演じて世に発信されてきた。そんな反町さんがついに若者の反対サイド“上司”を演じる。絶対面白くなると思い
ました」と手応えを語っている。