お笑いコンビ・チョコレートプラネットが9日、都内で行われたキヤノンの自動撮影カメラ『Canon PowerShot PICK』発表会に出席した。

【写真】共演の子役と仲良く撮影に応じたチョコプラ

 家族全員の写真を収めることができるという商品のアピールポイントに絡めて「パパとしての顔」について、2人で和気あいあいとトーク。長田庄平が「子供と2人で遊ぶ時はとにかく自分も楽しむ。同じ目線で。子どものおもちゃって意外と楽しいんですよ。子どもが飽きちゃって、オレが遊んでいることもあります」と声を弾ませると、松尾駿も「絵本を子どもが読むようになったのですが、子どもから『読んでくれ』と言われたら、その時にほかのことをしていても、絶対読んであげるようにしています」と明かした。

 我が子の驚きのエピソードにまつわる話題では、長田が「子どもが3歳ちょっとなんですけど、英語がしゃべれるようになったんです。『りんごを英語にして』って言ったら(英語っぽい発音で)『リィンゴ』って言っていました。天才です」と満面の笑み。松尾も「寝かしつけをしていたんですけど、ベッドの上に立った状態から座るっていうのを急にやりだして、僕が笑っちゃったんですよ。そこから、10分くらいずっと、その動作をやっていて、僕もしつこいボケが好きなので、血を引いているなと感じました」とほっこりとする秘話を公開していた。