お笑いコンビ・ティモンディの高岸宏行(29)、前田裕太(29)が9日、都内で行われたメンズスキンケア新ブランド『ADI×VIOTERAS』PRイベントに出席。名門・済美高校の野球部出身とあって、北海道日本ハムファイターズの“ビッグボス”新庄剛志監督にエールを送った。

【動画】“ビッグボス”新庄剛志新監督にアドバイスしたティモンディ高岸

 高岸は「ビッグボスはそのままで大丈夫だと思います。スターらしく、みなさんに元気と勇気を与えていってほしいです」と語り、「僕たちは北海道で冠番組を持っているので、いつか対戦させていただきたいと思ってます」とラブコール。また前田は、新庄から「野球、やろうぜ」と声をかけられたことがあると明かし、「いつか、何らかの形で一緒に野球ができたら」と共演を願った。

 また、米メジャーリーグのMVP最終候補に選出された大谷翔平選手とも共闘をアピール。前田が「勇気をたくさんもらえる選手」と絶賛すれば、高岸は「この成績を残しながら、ごみを拾ったり、ファンサービスを欠かさなかったりと、模範になる行動をする方です。一緒に野球界を盛り上げていけたらなと思います」と力をこめた。

 この日、ビタミンC原液美容液「VIOTERAS Cセラム」から誕生した新メンズブランド『ADI×VIOTERAS』(アディ バイ ヴィオテラス)が販売開始に。ティモンディが商品カラーにあわせブラックとグリーンのスーツに身を包み、男性のスキンケアの大切さを呼びかけた。

 来年はともに30歳の節目で、前田は抱負を一文字”A”にこめ、「『ADI×VIOTERAS』の『A』であり、事務所のエース、ひいてはお笑い界のエースを目指していきたいです」と誓った。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人」に出演も決まっており、「僕のような人間でも、大河ドラマでの演技を通して、少しでも前向きになる方が増えていただけけるように、頑張ります」と飛躍の年へ。対して、高岸は「来年も、今年と同じような気持ちで、全力でみんなを、この言葉で応援していきたいです。『2022年もみんなが“や”ればできる!』」と元気よく宣言した。