タレントの熊田曜子(39)に暴力を振るったなどとして、暴行の罪で起訴された会社経営の夫の第2回公判(深野英一裁判官)が9日、東京地裁で開かれる。この日は、検察側証人として、熊田が出廷する予定とあり、一般傍聴席11席を求め、リストバンド型の傍聴整理券の抽選に306人が並んだ。倍率は約28倍。

【写真】レジェンドグラドル・熊田曜子が見せつける“生感”

 起訴状などによると、被告は今年5月18日深夜、自宅のある都内のマンションで熊田の顔を手のひらで殴り、でん部を蹴ったという。

 10月15日に開かれた初公判で、被告は「暴力をふるったことは一切ございません」と起訴内容を否認。検察側の冒頭陳述によると、17日午後8時ごろ、帰宅した被告に熊田が「幼稚園のママ友の子供を預かってもいいか」と伝えると、被告が怒り自宅を飛び出したという。18日午前0時17分ごろ、被告が酒に酔って帰宅。熊田のすねやでん部を蹴ったほか、平手で顔面を殴った後、熊田は自宅を飛び出し110番通報した。

 熊田は2012年4月に夫と結婚。同年12月に第1子女児、15年10月に第2子女児、18年6月に第3子女児を出産している。夫が逮捕された後、熊田は5月31日に所属事務所を通じて離婚を前提に協議していると発表した。