女優の上白石萌音が初代ヒロインを担当する2021年後期連続テレビ小説 『カムカムエヴリバディ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。きょう8日、本作の公式ツイッターが、安子役の上白石による直筆の手紙を公開し、多くの反響を呼んでいる。

【写真あり】「とても美しくて綺麗な字」上白石萌音”直筆”の手紙

 きょう放送の第6回。夏休みが終わり、岡山から大阪に帰った稔(松村北斗)と文通を始めた安子。何通ものやりとりを通じて2人は心を通わせていく。稔との仲を深める安子を、小しず(西田尚美)は心配するようになる。一方、甲子園出場を目指して野球の練習に励む勇(村上虹郎)は、昔から安子へのある思いを抱き続けているが、いつも言えずじまい。そんな中、ヨーロッパでは戦争が始まり、世の中の気配も変化してきて…という内容だった。

 公式ツイッターは「実は安子ちゃんのお手紙は、上白石萌音さんの直筆なんだそうですよ…!とても美しい文字ですね」と手紙を紹介。続けて「いつもは手書きの小道具は書画の先生が担当。登場人物のキャラクターに合った筆跡を考えて書くそうです」と解説した。

 SNSでは「とても美しくて綺麗な字」「稔さんへの想いで心暖かい」「稔さんうらやましい」「美しい字にうっとり」など、絶賛の声が寄せられている。