声優とアイドルのハイブリッドユニット・i☆Risが7日、千葉・幕張メッセ イベントホールでデビュー9周年ライブ『i☆Ris 9th Anniversary Live ~Queen's Message~』を開催。初披露となる新曲も織り交ぜながら、アンコール含む全17曲を披露した。来年2022年に10周年イヤーを迎えるにあたり、4月からの全国ツアーが発表されたほか、12月8日発売の21stシングル収録曲「12月のSnowry」のミュージックビデオ、同シングルのリリースに伴う約2年ぶりの“リアル”リリースイベント開催が解禁された。

【動画】i☆Ris、初の“失恋ソング”「12月のSnowry」MV

 来年のツアーは埼玉・愛知・北海道・大阪・東京・神奈川・福岡・宮城の8箇所16公演が決定。オフィシャルファンクラブ「虹会」で最速チケット抽選先行がスタートしている。

 初の両A面シングルとしてリリースされる「12月のSnowry/ハートビート急上昇」から、この日のライブでMVが初公開された「12月のSnowry」は、8月にリリースした夏曲「Summer Dude」のつづきを歌った楽曲。季節はうつりかわり、“夏の恋”は静かに終わりを迎え、繊細な恋心を歌った“Bitter”な楽曲が誕生した。i☆Risのシングル表題曲としては初となる“失恋ソング”。MVでは、いつもの笑顔全開でパワフルな姿とはうってかわり、ほろ苦い想いや寂しさを秘めた“オトナセツナイ”表情で、雪のように消えていった恋を全身で表現するように、儚く歌っている。

 このシングル発売を受けて12月18日に東京都内、1月15日には約2年ぶりのリアルリリースイベントを開催。お話会・サイン会・2ショットチェキ会を予定している。