人気グループ・なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)が、13日放送のテレビ朝日系『まだアプデしてないの?』デビュー記念1時間SPの収録後会見に登壇した。12日のCDデビュー日の翌日の同番組では、メイン企画として『キズナミッション!7人連続ノーミスカラオケ』を用意。次々と出題される先輩ジャニーズ曲の歌詞を間違えずに7人連続ノーミスで歌えればクリアとなる。「初級・中級・上級」と難易度は徐々にアップ。デビューする上で絶対に失敗できないプレッシャーのなか、7人の絆が試される。

■なにわ男子のTV出演歴

 ちなみに、『ノーミスカラオケ』は先輩・関ジャニ∞も過去に挑戦した、いわば“伝統企画”。西畑では「デビューしたなにわ男子の結束を1時間を通して見ていただけたらら」と呼びかけ、高橋は「7人でなにかを成し遂げるとか、なにかをすることが、あまりなかったので『アプデ』で1時間SPで学んで、7人で挑戦できたことがうれしいです。あの場所に立つと緊張感があったり、あまり味わえない感覚というか、あそこならではの感情があったので楽しかったですし、絆もいい感じに深まったのでは」と手応えをみせる。

 そんななか、西畑から「道枝さんは堂々としていましたよ。さすが。なんか安心感があった。道枝さんだったらいけるやろ、と」と振られた道枝は「緊張しましたよ。そう思っていただけたらありがたいけど…」と謙虚な姿勢。藤原は「これだけ言って全ミスだったらおもろいな」とニヤニヤ。

 リーダーの大橋が「僕らがコンサートで歌うのとはまた違う感じと違う、スタッフさんもいて、三谷(紬)アナもいてニューヨークさんもいっぱいいて…」とナチュラルに間違えると、大西は「いっぱいはおらん」と即ツッコミ。笑いが起きるなか、大橋は「いっぱいはおらんな」と苦笑しつつ、「間違えたらあかんというプレッシャーのなか歌わせてもらったので、今後、緊張する場所で歌う場面があるところでの強さを学びました。まだ僕たちは成長します!頑張ります!」と気合を入れ直していた。