多数の人気俳優・女優が所属する大手芸能事務所『スターダストプロモーション』が主催する『第2回スター☆オーディション』の最終審査が7日、都内で行われ、大阪出身の中学1年生・山木雪羽那さん(やまき・ゆうな/12)が「女子の部」グランプリに輝いた。

【写真】北川景子と並ぶグランプリの山木雪羽那さん

 同社は、女優の柴咲コウ、竹内結子、北川景子、本田翼、永野芽郁、新木優子、葵わかな、小松菜奈、俳優の山田孝之、岡田将生、林遣都、山崎賢人、中川大志、北村匠海、横浜流星、ももいろクローバーZなど、エンタメ業界で活躍する旬の人材が多数所属している。

 今回のオーディションは「コロナ禍にも負けない、パワーや輝きを持った未来のスターを発掘したい」という目的から開催。1万5918通の応募の中から厳選された17組18人が最終選考会に進出し、自己PR、歌、芝居、パフォーマンスで競い合った。

 グランプリ発表の瞬間、驚きと感動で涙をこぼした山木さんは「うれしすぎて言葉が出ない…」と声を震わせ、プレゼンターの女優・北川景子(35)から記念品を受け取ると「この星型のトロフィーを家宝にしたいと思います」と瞳をうるませながら喜んだ。

 今後については「ドラマの主役やモデルさんになりたい!」と芸能界入りへ意欲を燃やし「北川景子さんが憧れです。演技も上手ですし、めっちゃ美人なので見るたびにすごいなって思ってます」と目を輝かせた。

 リスペクトのまなざしを向けられた北川も「本当にきれいです」と返し、“べた褒め合戦”を繰り広げる。報道陣から「顔立ちも似てるのでは?」と水を向けられると、北川も「裏でスタッフも『うちの事務所の系統だよね』って話していたら、グランプリに選ばれたんです。やっぱり似た部分があるのかな?」と笑顔で認めていた。

 そのほか、「男子の部」グランプリに大阪出身の中学1年生・竹野世梛(たけの・せな/13)さん、審査員特別賞に愛媛出身の高校1年生・高橋さくら(たかはし・さくら/16)さん、埼玉出身の小学6年生・武田創世(たけだ・そうせ/12)さん、東京出身の小学4年生・山本花帆(やまもと・かほ/10)さんが選出。ゲストアーティストとして原因は自分にある。、ONE N' ONLY、TEAM SHACHIが駆けつけ、スペシャルライブで盛り上げた。