1971年の『仮面ライダー』誕生から、現在放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』まで半世紀にわたる仮面ライダー史を揺るがす全てを超越(BEYOND)した予測不能な物語の仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(12月17日公開)。WEBスペシャル特報と前売券情報が解禁となった。

【動画】『ビヨンド・ジェネレーションズ』に仮面ライダーセンチュリー登場

 解禁となる新しいWEBスペシャル特報では、仮面ライダー誕生の1971年の数字から100年の時を感じさせるように数字が1ずつ増えていき、2021の数字に合わせ仮面ライダーリバイス、仮面ライダーセイバーが登場。さらに2071年の数字が表示されると、そこには「〈未来の契約者〉仮面ライダーセンチュリー」という名前と共に、これまで謎だった姿が解き明かされた。“敵”なのか、“英雄”なのか…。「新たな戦いに挑む彼らの前に現れたのは…」というナレーションの一言から、未来(2071年)から仮面ライダーリバイスと仮面ライダーセイバーの前に現れるのは確かなようだ。

 仮面ライダーセンチュリーの〈未来の契約者〉とは…? 『仮面ライダーリバイス』のように人間と悪魔がスタンプで契約しているようなものなのか…? 仮面ライダーセンチュリーは何と契約しているのか? もしくはこれから契約をするのか? 未来の契約者とは一体。仮面ライダーセンチュリーの謎は、さらに深まっていく。仮面ライダー誕生100年の2071年の仮面ライダーセンチュリーは“未来”を知る唯一の者になるのか?

 また、特典付きムビチケ前売券(カード)劇場窓口で発売が決定。特典は仮面ライダーリバイか仮面ライダーバイスのA4サイズのスタンピングフィニッシュクリアファイル。2 つそろえて合わせると、必殺キックになる仕様となっている。特典付きムビチケ前売券は12日から発売。