角川映画45年記念企画として、市川崑監督の『犬神家の一族』(1976年)の4Kデジタル修復版初披露を含め、現在の日本映画界に影響を与えた一流のクリエイター(監督)たちの作品31作品が一挙劇場公開される「角川映画祭」(11月19日~)の開催を記念して、『犬神家の一族』の“逆さ足“が、埼玉県所沢市の「ところざわサクラタウン」に出現した。

【動画】全部見たくなる、角川映画傑作のオンパレード

 KADOKAWAによる日本最大級のポップカルチャーの発信拠点、ところざわサクラタウン内「角川武蔵野ミュージアム」の水盤から突き出た“逆さ足”。『犬神家の一族』の有名な1シーンを再現したもので、型取りから整形・着色まで、この企画のため、老舗の造形会社であるブレーメンの職人が約1ヶ月をかけて作り上げた。時代を超え、なかなかシュールな“映えスポット”の誕生だ。“逆さ足”の展示は12月6日までの期間限定。

 また、映画インスパイア・アイテムは「もし犬神家が実在していたら?」をコンセプトに映画『犬神家の一族』の物語へと誘う限定グッズ4種の発売も決定。劇中に登場する犬神家の家紋と3種の家宝「斧・琴・菊」をモチーフに、犬神家の来客用として使用されることを想定してデザインした【湯呑】。金田一耕助が逗留する「那須ホテル」のアメニティを想定し、ホテルの内外観をモチーフに犬神御殿や那須湖などを配置した【タオル】。当時大成功した犬神製薬が現代にあったら、きっとマスクを販売していたはず(!?)というコンセプトで開発されたグレー地の洗える【立体マスク】。犬神家の家紋と犬神松子が棚の中に祀っている「犬神(式神)様」の絵を配置した【Tシャツ】というラインナップ。

 KADOKAWA公式ECサイト「カドカワストア」で、11月19日の一般発売に先駆けて、本日(6日)より数量限定で先行受注を開始する。「角川映画祭」開催劇場(テアトル新宿、EJアニメシアター新宿)やところざわサクラタウン内「ダ・ヴィンチストア」でも販売される予定となっている。