ディズニー長編アニメーション60作目を飾る新作『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)のワールドプレミアが、現地時間11月3日(日本時間4日)、米ロサンゼルスにあるエル・キャピタン・シアターにて開催された。会場で日本メディアの取材に応じたプロデューサーのイヴェット・メリノは「アニメーターたちが、映画のあちらこちらに小さなミッキーを隠しているから、ぜひ見つけてほしいわ」と、日本のファンに呼びかけた。

【動画】『ミラベルと魔法だらけの家』日本版本予告

 会場には、世界中で大旋風を巻き起こした『ズートピア』(2016年)の共同監督・脚本で知られ、本作の監督を務めたジャレド・ブッシュ、共同監督・脚本を務めたシャリース・カストロ・スミス、プロデューサーのクラーク・スペンサーとイヴェット・メリノ、ブロードウェイミュージカル「イン・ザ・ハイツ」(08年)や「ハミルトン」(15年)で数々の賞を受賞しているリン=マニュエル・ミランダら制作陣、声優たちが集結。『アナと雪の女王』(13年)の共同監督・脚本で知られるジェニファー・リーなども駆けつけた。

 鮮やかなパープルカーペットで彩られた会場には、カラフルにきらめくステージが用意され、魔法にあふれるマドリガル家のある地を訪れたかのようなイメージを演出。『モアナと伝説の海』以来4年ぶりの新作ディズニー・ミュージカルの新ヒロイン・ミラベルについて、プロデューサーのクラークは「とても魅力にあふれていて、登場したその瞬間から好きになってしまうような人物だよ」と、自信たっぷりにコメント。さらに、「彼女は聡明だけど、とても不安なところがある。欠点がない人なんていないでしょう。うまくできないことって誰にでもある。欠点があるからこそ、みんなが感情移入できる存在なんだ」と語り、魔法にあふれる家族の中で唯一魔法を持たない存在のミラベルは“普通”の女の子であるからこそ、誰もが共感を寄せることができる”等身大“のヒロイン像をアピールした。

 本作に欠かせない、リン=マニュエル・ミランダによる珠玉の楽曲について、監督のシャリースは「彼が新しくオリジナルを8曲も書いてくれて、どの曲もとてもゴージャス。全て異なるスタイルで、キャラクターにぴったりの曲。その歌声に感動してもらえると思うわ」と大絶賛。

 過去にも、アカデミー賞歌曲賞を受賞した『モアナと伝説の海』の「どこまでも ~How Far I'll Go~」を制作したことで知られるリン。今回は制作初期の段階から監督たちとともに音楽を作り始め、それは彼にとっても大きな挑戦となったという。「この作品で楽しかったこと、大変だったことは、数代にもわたる家族の姿をすべて入れようと頑張ったことかな。これまでに12人も主要な登場人物がいるディズニー映画はないんだ」と、これまでのディズニー作品とは全く違う難しさがあったことを明かし、「家族の複雑な関係性をすべて映画の中に入れ込み、ミュージカルに仕立て上げ、その音楽を登場人物や彼らのすばらしいギフトの一部に使う、ということが大変であり、喜びだったよ」と振り返った。

 時代を席巻する革命的な楽曲を次々と作り上げてきた彼が、多様なジャンルの音楽を取り入れた、これまでにない全く新しいディズニー・ミュージカルを魅せてくれるに違いない。

 会場では、リンが手がけた本作のエンドソング「愛するコロンビア」の生演奏が行われ、これまでグラミー賞ラテン部門に幾度も輝き、南米、アメリカ、スペイン等で絶大な人気を誇るコロンビア出身の世界的シンガーソングライター、カルロス・ビべスが盛大に熱唱。会場全体に響き渡る圧巻の生歌唱に観客からは拍手喝采が沸き起こったのは言うまでもない。

■マドリガル家のキャラクターポスター

 併せて、主人公ミラベルをはじめ、マドリガル家の家族たちのキャラクターポスターも到着。花の魔法を持つミラベルの姉・イサベラの周りには鮮やかな花が咲き乱れ、もう1人の姉でパワーの魔法を持つルイーサは1人でロバを持ち上げたりと、それぞれが持つ多種多様な魔法のギフトが光る、カラフルなデザインとなっている。

 注目すべきところは、1人1人の後ろに描かれた大きな“ドア”。マドリガル家には魔法にかけられた空間につながるドアがあり、子どもたちは5歳になるとどのような魔法のギフトが与えられるのか、このドアが教えてくれる。アントニオのような動物を話すことができる魔法のギフトや、ドロレスが持つ、どんなに小さな小声でも聞こえてしまう、聴力のギフト、頭で思った人に一瞬で変わることができるカミロのギフトや、ぺパの天気のギフト、ミラベルの母親・フリエッタの癒しのギフトなど、それぞれが魔法のギフトを与えられ、マドリガル家の一員として街の人を助けたり、日々を楽しく彩ったりと、”魔法のギフト“はマドリガル家に欠かせないものだった。そんな個性豊かな家族たちの中、1つだけ閉ざされた不穏なドアが描かれたポスターもある。

 魔法にあふれる家族に危機が迫った時、魔法の力を持たないミラベルが先頭に立って家族を守ろうとする。その勇敢で輝かしい姿は、観客の心にも勇気を与えてくれるにちがいない。