『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』で仮面ライダーオーズ/火野映司役の渡部秀、アンク役の三浦涼介、泉比奈役の高田里穂、仮面ライダーバース/後藤慎太郎役の君嶋麻耶が5日、東京・日比谷周辺で開催中の『第34回東京国際映画祭』(~11月8日)内で行われた、今年生誕50周年を迎えたヒーローの元祖『仮面ライダー』のイベントに登壇した。

【動画】ファン歓喜!『仮面ライダーオーズ』キャストがサプライズ登場

 イベントとでは『オーズ』10周年を迎え、完全新作のVシネクスト『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』の製作が決定したことを発表。合わせて特報とティザービジュアルも公開された。特報は鴻上会長の「ハッピーバースデイ! オーズ!」のかけ声と共に大黒摩季の主題歌「Anything Goes!」が流れ出す。映司の「おかえり、アンク」の共に「アンク復活」の文字が流れると、会場から歓声が上がった。

 渡部は「ありがとうございます。こうして皆さまに放送終了から10年間、お待ちいただいた。僕たちもアンクとの『いつかの明日』を夢見ていた。こうして、特報という形で新作を発表できたことを光栄に思っております。2022年の春の公開をお待ちしてください」と呼びかけた。

 高田から「アンク復活、おめでとう」と祝福された三浦は「ありがとうございます。当時の感覚といいますか、10年前にやらせていただいたアンクに戻れるように、スタッフの皆さんの力も借りながら、ステキなキャストのみんなと共に。多少なりとも10年前に戻れた気持ちで撮影に挑めました」としみじみ語っていた。

 高田、君嶋も魅力を語ると、渡部は「新作は最終話から10年後の世界となっています。映司とアンクの旅の終着点。この作品は『仮面ライダーオーズ』完結編。撮影は終わっていますが、上映まで気を抜かずに頑張っていきたいと思います」と力を込めていた。

 『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』は、2022年春に期間限定上映を行い、同8月24日にBlu-ray&DVDをリリース。Blu-ray&DVDでは、通常版のほか、タジャニティスピナー&ゴーダメダルセット版も同時発売される。

■『仮面ライダーオーズ/OOO』
 800年の眠りからメダルの怪人「グリード」が目覚める。人間の欲望を利用するグリードたちから、右腕だけのグリード・アンクに促され、仮面ライダーオーズとなった火野映司が人々の命を守るために戦いを描く。

■『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』
 西暦2021年、世界は混沌と恐怖に包まれていた。古代オーズが、800年前から時を超えよみがえったのだ。人類が絶滅の危機に瀕する中、旅に出ていた火野映司が帰還。レジスタンスとして、後藤慎太郎や伊達明、泉比奈たちとともに戦っていた。アンクと再会を果たす「いつかの明日」は訪れるのか…。