女優の石田ひかり(49)が8日、都内で行われた『MUNOAGE(ミューノアージュ)ブランドアンバサダー就任&新商品発表会』に出席。来年5月に50歳の誕生日を迎えるが、「120歳ぐらいまで生きたいな」と生き生きと語った。

【写真】花束を手に笑顔がはじける石田ひかり

 年齢にとらわれない美しさ“No Age”をコンセプトにしたエイジングケアブランド『MUNOAGE』の初代アンバサダーに就任した石田。清楚なレースのワンピース姿を披露し、ブランドカラーの青を貴重とした花束をプレゼントされると、「お化粧品の広告に出るのは夢のひとつだったので本当に光栄」と笑顔がはじけた。

 今年が芸能生活35周年で、デビュー当時を振り返り「無我夢中でしたね」と感慨深げ。「4歳からずっと競泳をやっていて、スカウトされたときが13歳、中学1年生だった。水泳の世界しか知らない私が35年も仕事を続けてこられたのは、出会いに恵まれ、作品に恵まれたおかげ」と感謝をこめた。

 プライベートでは2児のママとなり、「とにかく幸せな人生」と表現。仕事と子育ての両立について「母とか、シッターさんとか、お友だちの力を存分に借りて、主人ともヒーヒー言いながらなんとかやってきた」と照れ笑い。さらに、「人生100年時代と申しますが、私はもっと長生きしたい。健康で120歳ぐらいまで生きたいな」と野望を明かし、「そうすると、子どもたちが90歳ぐらいになるんですよ」とオチをつけていた。

 この日、『MUNOAGE』ブランドの公式ホームページで石田が出演するスペシャルムービーが公開され、美容再生治療に使われる「エクソソーム」のはたらきに着目したハリ弾力クリーム『ミューノアージュ アドバンストリジュビネーションクリーム エンリッチ』が販売開始となった。