サウナブームまっただ中の昨今、プールサイドやキャンプ場でのサウナイベントなどユニークな企画も続々と登場している。そんな中、路線バスの中でサウナが体験できる『サバス』の製作が4日に発表された。引退した路線バスを活用した“移動サービス”の第一弾企画という。

【写真】降車ボタンを押すと蒸気が発生⁉ つり革そのまま…“路線バスでサウナ”気になる内観

 移動型サウナバス『サバス』を製作するのは、“バスをリブランディングする”ことをミッションとするリバース。サウナ検索サイト『サウナイキタイ』と連携し、今回の企画が実現した。

 『サバス』で使用されるバスは、兵庫県を拠点とする神姫バスで運行していた車両となる。つり革や座席の配置など路線バスの特徴をそのまま活かしたデザインで、車内の雰囲気を残した休憩スペースと、薪ストーブを組み込んだサウナ室の2構造。サウナ室内の降車ボタンを押すと、熱されたサウナストーンに水をかけて蒸気を発生させることができる。

 2022年2月に完成予定で、大型駐車スペースのある施設やアウトドア施設、企業や事業者向けに車両ごと貸し出す展開を検討中という。