女優の山田杏奈が主演する映画『ひらいて』(公開中)。同作は芥川賞作家・綿矢りさ氏による原作小説を、弱冠26歳・新進気鋭の若手監督・首藤凜氏による脚本・監督にて映画化。山田演じる女子高生・愛と彼女が想いを寄せるクラスメイト・たとえ(作間龍斗/HiHi Jets)、そして美雪(芋生悠)との歪んだ恋模様を描く。このほど、山田、作間、芋生、首藤監督、綿矢氏によるキャスト・スタッフのインタビュー映像が一挙解禁した。

【動画】山田杏奈&作間龍斗らキャストのインタビュー動画が公開

 撮影当初から、自らが演じる愛の傲慢で利己的な人格について理解できないと話していた山田。「愛のパワフルさというか、暴力性みたいなものに圧倒されてしまった。10代の時のヒリヒリした感じ、自分でも訳わからないまま行動するみたいな感じがすごく伝わってきました」と脚本を読んだ最初の印象を語る。さらに、たとえ役の作間について「届きそうで届かない雰囲気があった」と、役と重なる印象を明かしている。

 また、本作で本格的な映画出演が初となった作間は、劇中での愛との関係性について「自分の人生でも怒る事があまりないので、“人生初怒り”で怒り方がわからなかった」と撮影中の苦労について語っている。そんな作間の芝居について、想像していたたとえより優しいたとえになったと話す首藤監督。さらに、劇中のでたとえの立ち振る舞いについては「私が演出しようと思ってもできなかったと思う」と、作間本人の中からにじみ出るたとえらしさを明かすエピソードも。

 美雪役の芋生のじっくり時間をかけて臨んだ丁寧な役作り、原作者の綿矢が楽しめたと語る、原作にはない映画ならではのポイントも。SNSで「愛と自分を重ねてしまう」と共感する声や「感情揺さぶられすぎて眠れない」「こわい…ど美しい」と話題を呼んだ本編の世界観がより深まるインタビュー内容となっている。