俳優の豊川悦司が主演し、中村倫也と共演するAmazon Originalドラマ『No Activity/本日も異状なし』(12月17日配信)の追加キャストとして、木村佳乃、清野菜名、岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきのの出演が発表され、人物相関図も解禁された。

【画像】『No Activity/本日も異状なし』人物相関図

 同ドラマは、出世をあきらめた万年ヒラ刑事の時田信吾(ときた・しんご/豊川)と、人たらしな新米刑事・椎名遊(しいな・あそぶ/中村)のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、ありえないような騒動を描く新感覚のコメディー刑事ドラマ。

 警視庁の無線連絡室で現場の時田と椎名たちに的確な指令を伝えるベテランオペレーターの里見美里(さとみ・みさと)役の木村は「配信ドラマに出演することが初めてなので、お話をいただいた時はすごくうれしかったです。見ればとにかく笑って楽しい気分になれる作品だと思います」と意気込み。

 美里の部下で新人オペレーターの大平阿漓羅(おおひら・ありら)役は清野。真面目で曲がったことが大嫌いという警察官にはぴったりな性格を持つ半面、自分の勘違いに気づかず突っ走ってしまうという、ちょっと厄介なキャラクターで「これまで経験したことのない役柄でしたので、とても楽しんで演じることができました。どの世代の方にも、また、どの国の方にも楽しんでいただけるコメディー作品です」と呼びかける。

 麻薬取引に絡む犯人グループの1人・諌山(いさやま)は、。前科7犯で麻薬取引にも手を出す完全な裏社会の住人。演じる岸谷は「昔から一緒に作品作りをしてきたスタッフの方々がいらしたので、とても楽しいクリエイティブな現場でした。とても型破りで、でも実は人間味に溢れた作品になっておりますのでご期待ください」とコメントを寄せた。

 もう1人の犯人で、不敵な笑みを浮かべる一条役の岡山「とても力の入った企画だったので、参加することができて光栄です。個性溢れるキャラクター同士が限られた空間で織りなす、とても濃い人間模様を堪能してください」と気合十分。

 そして、偶然麻薬取引の情報を聞いてしまい人質になってしまうも、逆にその状況にワクワクしてしまうSNS依存症の女の子・茉莉(まり)役に岸井。「ストーリーも役柄もとてもユニークな企画だったので、参加することができて嬉しかったです。時田と椎名、里美と阿
漓羅、そして犯人の諌山と一条と人質の3 つのグループがどう絡んでいくのかを楽しみにしていてください」と見どころをアピールした。

 監督は映画『ヒロイン失格』(15年)や大人気シリーズ『賭ケグルイ』の実写映画、若者を中心に 大ヒットした『東京リベンジャーズ』(21年)でメガホンを取った英勉監督。そして、脚本を手掛けるのは、映画『甘いお酒でうがい』(20年)、映画『美人が婚活してみたら』(19年)、ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』(21年)の脚本を務めた、キングオブコント2014の優勝者であり、コント職人としても有名なお笑いコンビ・シソンヌのじろう。