シンガー・ソングライターのmiletが、11月18日にオンラインで開催されるアジア太平洋地域の放送局が加盟するABU主催の音楽フェスティバル『ABUソングフェスティバル2021』に日本代表として出演することが決定した。このライブの模様はYouTubeで生配信されるほか、12月30日深夜にNHK総合テレビで放送されることも決まった。

【写真】milet 2ndアルバム『visions』ジャケ写3種

 『ABUソングフェスティバル』は、2012年に韓国・ソウル、2013年にベトナム・ハノイ、2014年に中国・マカオ、2015年にトルコ・イスタンブール、2016年にインドネシア・バリ島、2017年に中国四川省成都市、2018年にトルクメニスタン・アシガバード、2019年に日本・東京で開催され、各国のテレビ局が自国の人気歌手や自慢のアーティストを紹介し、初対面のアーティスト同士がパフォーマンスを披露するフェスティバルとして定着している。

 コロナ禍とあり、10回目の今回は前回に続き、アーティストが各国でリモート参加するオンライン開催に。日本代表は、昨年の『NHK紅白歌合戦』に初出場し、今年の東京オリンピック閉会式でも歌唱したmiletがアジア各地を代表するアーティストたちと競演する。

 韓国からは、12月に日本デビューすることが決まっている5人組ガールズグループ・ITZYが出演。さらに、インド、マレーシア、インドネシア、ベトナム、マカオ、トルコ、ブルネイ、カザフスタンなどからも人気アーティストがパフォーマンスを繰り広げる。

 『ABUソングフェスティバル2021』は、18日午後3時よりYouTube Liveでストリーミング配信。NHK総合では12月30日(深0:35~1:35)に放送、年明けにはNHKワールド JAPANで英語版を世界に向けて放送予定となっている。