初回から盛り上がりを見せている秋ドラマ。最新のドラマ満足度調査(10月19日~10月25日放送を対象)では、杉咲花主演の『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)が先週の2位から再び1位へ返り咲き。吉高由里子主演『最愛』(TBS系)も2位へとワンランクアップ。さらに、米倉涼子主演『Doctor-X 外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)と綾野剛主演『アバランチ』(関西テレビ・フジテレビ系)が同率3位。早くもTOP3が激戦となっている。

【表】小栗旬主演の日曜劇場は…?『秋ドラマ』満足度ランキング

 初回放送から81Pt(100Pt満点)を獲得し、1位にランクインする好スタートを切っていた『恋です!』。2話目で90Pt(2位)と大きくポイントを伸ばし、今回調査した3話目で98Ptを記録。1位を奪還した。項目別満足度では、「主演」「主演以外のキャスト」「ドラマ内容」「話題性」の4項目で満点。ドラマ序盤から大きな反響を得ていることがわかる。

 視聴者からは、「杉咲花さんの細かい動きも含めた演技がリアルですごい」、「杉野遥亮さんの真っ直ぐで一途な感情を表現する演技が好き」など、キャスト陣の演技力への評価の声が多く集まっている。加えて、コミカルでありながら愛らしさがにじみ出る2人の関係性にも、好印象のコメントが集まっていた。

 また、「目が不自由なことが社会でどういうことなのか、これまであまり知られていなかった知識を広めるいい機会だと感じる」、「“普通”って1人ひとり定義が違って、結局なんなのだろうと思う。それを明確に訴えかけてきたこのドラマに心を掴まれた」など、作品が描き出すテーマへの熱いコメントも多く寄せられていた。

 2位の『最愛』も、前週の87Ptから今回の2話目で95Ptと大きくポイントを伸ばした。本格派シリアスサスペンスの同作は、項目別満足度の「ドラマ内容」で満点を獲得。視聴者からは、「オリジナルなのでネタバレがなくストーリーを存分に楽しめる」、「いろいろなシーンのインパクトがすごい。心に残る」など総合的な作品力への評価の声が多く寄せられていた。

●「ドラマ満足度ランキング」とは
「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。