女優の深田恭子が主演を務める『劇場版 ルパンの娘』(10月15日公開)から、華(深田)と和馬(瀬戸康史)のウェディングシーンのオフショットが公開された。

【写真】レースのウエディング姿を披露する深田恭子のオフショット

 『ルパンの娘』は、横関大氏の同名小説(講談社文庫)などを原作に、2019年7月期と20年10月期にテレビドラマ化され、ドラマ終了後に映画化が発表された。代々泥棒一家である “Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた人気シリーズとなっている。

 このほど解禁したのは、本作の華と和馬のウェディングシーンのオフショット。ドラマから数々の困難を乗り越えてきた華と和馬が遂に結婚式を挙げ、永遠の愛を誓う。純白のドレスとタキシードに身を包む2人は、息を呑むほど美しい。また、スタッフと台本や映像を確認している深田や大貫勇輔、マルシアの姿も。一体どの様なウェディングシーンとなっているのだろうか。

 結婚式は、Lの一族たちから華と和馬へのサプライズプレゼント。本作の舞台となるディーベンブルク王国に訪れていた三雲家、この結婚式のために和馬の父・典和(信太昌之)と母・美佐子(マルシア)も日本から駆けつけ、そこに円城寺家も加わり三家族総出のシーンとなっている。

 教会で家族たちに見守られる中、ウェディングドレス姿の華とスーツ姿の尊(渡部篤郎)がバージンロードを歩き、その先ではタキシード姿の和馬が待っている。するとどこからともなくメロディが流れてきて、円城寺豪(市村正親)と円城寺輝(大貫)がいつものように突然歌い出す。徐々にメンバーが加わり、一同が華と和馬を囲み歌って踊る姿は、2人の結婚を心から祝福する素敵な笑顔に満ち溢れている。

 本作はドラマに引き続きさまざまなミュージカルシーンがあるが、その中でも今回のウェディングシーンは、三家族総出の過去最大規模の華やかなミュージカルシーンとなっている。