俳優の小澤亮太、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、池田純矢が4日、都内で行われたVシネクスト『テン・ゴーカイジャー』(11月12日から期間限定上映&来年3月9日にBlu-ray&DVD発売)の完成披露舞台あいさつに登場。10年ぶりにファンの前で6人が集結した。

【動画】ゴーカイジャー10年ぶり再集結!小澤亮太、山田裕貴、市道真央ら爆笑トーク

 この日は、ゴーカイレッド/キャプテン・マーベラス役の小澤、ゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役の山田、ゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィ役の市道、ゴーカイグリーン/ドン・ドッゴイヤー役の清水、ゴーカイピンク/アイム・ド・ファミーユ役の小池、ゴーカイシルバー/伊狩鎧役の池田、そしてテレビシリーズでメイン監督を務めた中澤祥次郎監督が登壇した。

 10年という節目の年に完全新作。台本を読んだ清水は「詰め込んでいて、3時間超の超大作だと思った」とにやり。「『ゴーカイジャー』という作品は先輩たちの力を借りて“ガッチャンガッチャン”変身して、いろんな要素が詰め込まれている」と説明すると「限られた時間の中で、見せなきゃいけないところ、見せたいところがギュギュッとなっている。たぶん、忙しいと思います(笑)」とアピールしていた。

 また、フォトセッション後に行われたファンも写真が撮れる“お宝タイム”も実施。海賊らしく清水はジョーのポーズを“奪った”が、お返しとばかりに山田に『アメトーーク!』の「スーパー戦隊大好き芸人」でも話題になった“ふとももスリスリ”というゴーカイグリーンの変身後のポーズを“盗まれて”しまい、キャスト陣に笑いが起きていた。

 スーパー戦隊35作記念作『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年~2012年)の放送開始から10年。それを記念し、完全新作のVシネクストとして『テン・ゴーカイジャー』が制作。ゴーカイジャーならではのド派手な作品となっている。