俳優の小澤亮太、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、池田純矢が4日、都内で行われたVシネクスト『テン・ゴーカイジャー』(11月12日から期間限定上映&来年3月9日にBlu-ray&DVD発売)の完成披露舞台あいさつに登場。10年ぶりにファンの前で6人が集結した。

【動画】ゴーカイジャー10年ぶり再集結!小澤亮太、山田裕貴、市道真央ら爆笑トーク

 この日は、ゴーカイレッド/キャプテン・マーベラス役の小澤、ゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役の山田、ゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィ役の市道、ゴーカイグリーン/ドン・ドッゴイヤー役の清水、ゴーカイピンク/アイム・ド・ファミーユ役の小池、ゴーカイシルバー/伊狩鎧役の池田、そしてテレビシリーズでメイン監督を務めた中澤祥次郎監督が登壇した。

 池田は10年ぶりの新作について「マーベラスに『変わっちまった、お前も、この星のヤツらも』って言われて、何をやらかしたんだろうと思った。めっちゃ怒られてるやんって」と笑わせる。そして「変わったのか、変わっていないのか…。彼らの信念とは。宇宙最大のお宝とは、みたいなね。めくるめくストーリーが繰り広げられている」と意味深な発言。撮影も大変だったそうで「愛のムチを感じましたね。10年経ったからには、これぐらいできるでしょ、と。それをひしひし感じました」と振り返っていた。

 久しぶりの共演となったが、池田は「現場で裕貴に『あのギャグやってよ』と10年前とまったく同じギャグをやってくれた」と笑顔で明かし、披露する流れになると山田が「キック」と言いながらパンチをする一発ギャグを披露。池田は爆笑で「相変わらずキレキレだった。このギャグが好き過ぎて、『ゴーカイジャー』とはまったく関係ない現場でまねをした。そしたらバカ受けして…。僕が出るほかの作品でやっています」と裏話もポロリ。山田は「見れるのね(笑)。でも、このギャグはみんなのものだから」と優しく返していた。

 スーパー戦隊35作記念作『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年~2012年)の放送開始から10年。それを記念し、完全新作のVシネクストとして『テン・ゴーカイジャー』が制作。ゴーカイジャーならではのド派手な作品となっている。