俳優の小澤亮太、山田裕貴、市道真央、清水一希、小池唯、池田純矢が4日、都内で行われたVシネクスト『テン・ゴーカイジャー』(11月12日から期間限定上映&来年3月9日にBlu-ray&DVD発売)の完成披露舞台あいさつに登場。10年ぶりにファンの前で6人が集結した。

【動画】ゴーカイジャー10年ぶり再集結!小澤亮太、山田裕貴、市道真央ら爆笑トーク

 この日は、ゴーカイレッド/キャプテン・マーベラス役の小澤、ゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役の山田、ゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィ役の市道、ゴーカイグリーン/ドン・ドッゴイヤー役の清水、ゴーカイピンク/アイム・ド・ファミーユ役の小池、ゴーカイシルバー/伊狩鎧役の池田、そしてテレビシリーズでメイン監督を務めた中澤祥次郎監督が登壇した。

 10年ぶりとなる完全新作の『ゴーカイジャー』について、小池は「10年前にも、やるか、やらないかの会話をしていた。その時に話していたものが来たと思った」と懐かしむ。「うれしさもあり、懐かしさもある。とにかく楽しみだった。実際に映像を見て、音楽とかも加わって、すっごい懐かしいのが来た。グッと来るというかジーンとした。みなさんも、そういう気持ちになっていただけたら」と思いを語っていた。

 久しぶりに小池は市道と同じ舞台に立ったが、この日はコロナ禍もあり、距離が離れた位置に。2人そろって「見えない~」となげくと、男性陣は1歩下がる優しさを見せた。市道が「相変わらずかわいいまま」とデレると、小池も「懐かしくて。撮影中はずっとベタってくっついていた。スタッフさんも『いつもの』とほほ笑ましく見てくれました」とにっこり。市道は「当時から、ずっと一緒にいてくれた。また現場でくっついてきてくれて、すっごいうれしかった。懐かしい、安心するって変な緊張をしなかったので、ありがたかったです」と感謝していた。

 スーパー戦隊35作記念作『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年~2012年)の放送開始から10年。それを記念し、完全新作のVシネクストとして『テン・ゴーカイジャー』が制作。ゴーカイジャーならではのド派手な作品となっている。