歌手の浜崎あゆみが4日、自身のインスタグラムを更新し、足首を骨折したと明かした。現在、14年ぶりとなるアジアツアー『ayumi hamasaki ASIA TOUR 2021-2022 A ~23rd Monster~』を行っており、週末の6、7日には名古屋・日本ガイシホールのライブを控えている状況だが、骨折をしていてもステージに立つと表明した。

【写真】マスク&キャップのラフな姿!手を高くあげたショットで報告した浜崎あゆみ

 浜崎は「今週末の名古屋公演へお越し下さる皆様へ」と題し、「大切なステージを週末に控えたこんなタイミングで、私の不注意により本日足首を骨折してしまいました」と報告。「今はまだ自分でも焦ってしまっていて、何をどこまでどう対応していけるのか、関係各所の皆様と話し合っておりますが、この23年間いつも怪我や病気と二人三脚で進んで来たので、今回の怪我ともどうにかうまく付き合いながら、土曜日、日曜日の名古屋公演のステージに立たせていただきたいと思っています」と本音で語った。

 ファンにどう伝えるべきなのか悩んだが、「やはりステージに変更が出てしまう事は避けられないと思い、報告させていただきました」と公表した理由を説明。「とは言え曲数をカットするわけでもありませんし、いつもと変わらないクオリティーで、いやそれ以上に、全身全霊のパフォーマンスを届ける気持ちしかありませんので、お越し下さる皆様どうかご心配なく、夢の世界へどっぷり浸る準備をしてきて下さいっ!!!」と力強く語った。

 「さまざまな意見があるのは承知の上で、この勝手をお許しくださいませ。みんなの声がようやく聴ける、絶対に忘れられない新しい一歩を踏み出せる名古屋公演!!! ぶりんぶりんに楽しみたおしていきましょう」と呼び掛けた。