昨年7月に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)が出演したブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』が、来年2022年秋に上演されることが決まった。4日、公式サイトで発表された。今回、3度目の上演となり、俳優・城田優(35)がオーディションに参加し、三浦さんが演じたローラ役を引き継ぐ。

【写真】ミニスカで美脚…『キンキーブーツ』で妖艶なドラァグクイーンを演じた三浦春馬さん

 サイトでは「この度、ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』は2022年秋、3度目の上演をさせていただくことになりました」と報告。「多くのご声援をいただいた2019年の再演の後、私たちは3度目の公演にむけて動き出しておりましたが、昨年私たちは大きな存在を失い、一時は公演を断念することも考えました」と説明した。

 続けて「しかしながら、これまで日本のキンキーブーツを牽引してくれた三浦春馬さんの思い出と、彼がこの作品に捧げてくれた愛情とともに、私たちは『日本にはキンキーブーツが必要だ』という強い想いのもと、2022年の再再演の歩みを止めないことを決意いたしました」と伝えた。

 ローラ役については「今回城田優さんがオーディションに参加してくださり、これまで共に歩んできたブロードウェイチームも城田さんのオーディションムービーを見て、彼のローラでいきましょうと、すぐに連絡をくれました」と紹介。

 「このミュージカルを愛してくれた全ての皆さまに、そして、これから出逢ってくださる全ての観客の皆さまに。キンキーブーツジャパンカンパニー全員が心から大切にしているこの作品を、初演以来同じく作品を牽引してくださっている小池徹平さんを始めとするジャパンオリジナルキャストと、城田優さんを含めた新しく参加してくださるキャストの皆さま、日米クリエイティブチームとともに、心を込めてお届けいたします」とコメントしている。

 なお、チャーリー・プライス役は小池徹平(35)が続投する。