女優の中条あやみが、6日放送の日本テレビ系情報バラエティー『ゼロイチ』(毎週土曜 前10:30)に出演。に今年の同局キャンペーン『カラダWEEK』サポーターである中条はお笑いトリオ・ハナコがとともに、まもなく紅葉のピークを迎える静岡・伊豆の自然や動物に触れあう観光スポットを4人で歩きまくる。

【写真あり】デコルテ&美背中あらわな肌見せ姿の中条あやみ

 中条とハナコはまず、距離を縮めるためにも呼び名を決めることに。中条はミドルネームのポーリンから“ポーちゃん”、岡部大は“べーやん”、秋山寛貴は“アーやん”、菊田竜大は「小さい頃自分のことをそう呼んでた」という理由で“ウッフロー”と呼ぶことに決定。

 自然豊かで見どころ満載の伊豆で最初に訪れるのは国指定の天然記念物・大室山。およそ4000年前の噴火により中央がぽっかり空いたお椀型の地形が特徴。まずは、山頂までリフトで移動。リフトは二人乗りのため、中条の隣を賭けて、ハナコがガチジャンケン。勝った秋山と中条は手でハートマークを作るなどデートそのもの。「旅行とかしますか?」(秋山)、「しますね。結構アウトドアで。運転したり」(中条)とプライベートトークも弾む。

 残念ながら悪天候に見舞われ山頂は嵐に。しかし、そのおかげで「まるでジブリ!」「神秘的!」と4人も大興奮の光景が。また、およそ1キロの噴火口跡を約20分で歩く「お鉢巡り」が人気だが、雨のため中止の空気に。しかし、中条は上田晋也(くりぃむしちゅー)率いる上田軍と『ウォーキングバトル』対決中ということで、悪天候を押し切って強引にお鉢巡りに挑戦する。

 山頂には名物グルメ『みつ福だんご』も。“大福・幸福・裕福”と、縁起のいい福が3つそろ揃ったことからこの名が付いており、特製のあまじょっぱいタレに中条は「クルミとか醤油とかいろんな風味がします」と大満足。すると菊田がだんごに焼印されているオリジナルキャラクター“大室山くん”を見て、「秋山の描いてるイラストに似てる」と指摘。まさかのパクリ疑惑が…。

 歩数を稼ぐため続いて訪れたのは伊豆シャボテン動物公園。東京ドーム3個分の敷地におよそ140種類の動物がおり、間近で触れ合うことができる。またも2組に分かれることになり、今度は中条と岡部がペア。放し飼いのカンガルーに餌をあげたり至近距離で写真を撮ったりとカップルのような良い雰囲気。一方、秋山&菊田ペアも肩に乗ってくるワオキツネザルに大興奮。もうひとつの目玉であるシャボテン温室では、動きとしゃべりが独特なベテランスタッフさんに全員ドはまり。サボテンにまつわるクイズとともにスタッフさんにも注目だ。

 最後は広大な敷地に温泉や遊覧船などさまざまな施設が充実している人気の道の駅・伊東マリンタウン。「筋トレできそう」と中条もビックリな豪快海鮮丼や、岡部が「金目が肉厚でうまい!」と絶賛の金目鯛カレーなど名物グルメを堪能する。そこで中条と菊田がゴチバトル対決。本家ゴチバトルメンバーの中条が菊田にまさかの敗退(!?)と波乱の展開となる。