幅広い年齢層に共感されベストセラーとなった、燃え殻のデビュー作を主演に森山未來を迎え、映画化した『ボクたちはみんな大人になれなかった』が11月5日よりシネマート新宿(東京)ほかにて劇場公開&Netflixで世界配信開始となる。本作の公開に先がけ、90年代の“トレンド”満載の本編映像がWEBで公開された。

【動画】出会いのきっかけは「犬キャラ」本編映像

 それは、原作小説内「暗闇から手を伸ばせ」章の1シーン。1995年、主人公・佐藤(森山未來)と、佐藤の同僚・七瀬(篠原篤)が洋菓子工場での休憩中、求人誌に掲載されている文通相手募集のコーナーを読んでいる。「『ゴッドファーザー』の特にパート2が一番好きな人」など募集条件があがる中、佐藤は「犬キャラ」というペンネームの人物に反応を示す。「犬キャラ」とは小沢健二のファーストアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』(1993年リリース)の略称。

 ページを見つめる佐藤に「犬キャラ」が載っている文通相手募集ページを七瀬が切り取ってあげ、出会いのきっかけをパスしてくれる、微笑ましいシーンだ。当時大流行したシーフードヌードル(温めた牛乳を入れたシーフードヌードル)と、「犬キャラ」、出会いのきっかけが“文通”など、90年代らしさが詰まったシーンとなっている。

 本作は、自分にとっての「あの時、あの場所、あの人」を思い出させる、共感度の高い物語。1995年、ボクは彼女と出会い、生まれて初めて頑張りたいと思う。「君は大丈夫だよ。おもしろいもん」。初めて出来た彼女の言葉に支えられがむしゃらに働いた日々。1999年、ノストラダムスの大予言に反して地球は滅亡せず、唯一の心の支えだった彼女はさよならも言わずに去っていった。志した小説家にはなれず、ズルズルとテレビ業界の片隅で働き続けたボクにも、時間 だけは等しく過ぎて行った。そして2020年。社会と折り合いをつけながら生きてきた46歳のボクが、いくつかのほろ苦い再会をきっかけに、二度と戻らない“あの頃”を思い出す。