1948年の創業以来ガムをつくり続けるロッテ。“噛むこと”を通じ世の中に貢献したいという同社の取り組みの一つとして、さまざまなスポーツチームやアスリートに向け、“トレーニングガム”の提供などで選手をサポートしている。その取り組みの模様などを紹介する動画が3日、公開された。

【写真】「兄弟で見つめ合っててかわいい」長友ファミリー4ショット

 同社は2018年、新たに「噛むこと研究部」を設立。そして、2019年からJリーグの川崎フロンターレ、プロ野球・千葉ロッテマリーンズをガムや噛むことを通じサポートし続けてきた。東京歯科大学・スポーツ歯学研究室教授であり、日本スポーツ協会公認スポーツデンティストでもある武田友孝教授監修の元、トレーニングガムの提供などを行いサポートしている。

 そして今年、その活動の成果が結びつきはじめたのか、川崎フロンターレはJリーグ首位、千葉ロッテはクライマックスシリーズ出場を決め、両チームが日本一の座を目指し躍進している。そこで、両チームが、攻×守、投×打、選手×チーム×サポーターまで、みんなの力が噛み合った“噛み合う力”で勝利をつかみ取るため、スペシャルムービーをそれぞれが制作し、公開するに至った。

 同じくロッテでは、両チームへの“噛むこと”を通じたサポートの様子や、“噛むこと”を取り入れている川崎の家長昭博選手、千葉ロッテ・中村奨吾選手のインタビューなど裏側にフォーカスした、両チームを応援するムービーを同日に公開。これら3本のスペシャルムービーを通じて、「川崎フロンターレ」「千葉ロッテマリーンズ」に追い風を吹かせ、両チームが今シーズンの日本一をつかみ取る機運を高めていく。