人気グループ・V6(岡田准一、森田剛、三宅健、井ノ原快彦、長野博、坂本昌行)が11月1日、千葉・幕張メッセで全国ツアー『LIVE TOUR V6 groove』最終日を開催。本公演をもって1995年11月1日のCDデビューから9498日、まる26年の歴史に幕を下ろした。ライブでは人気アニメ『犬夜叉』(2000年)の初代OP「CHANGE THE WORLD」を熱唱し、終了後、SNS上ではファンから感動のコメントが続々。彼らが歌った『犬夜叉』の名曲は多くの人の人生に影響を与えていた。

【写真】優しい表情の犬夜叉…高橋留美子氏の描き下ろし記念イラスト

 この日は、メンバーがセットリスト、演出をプロデュースし、デビュー曲から最新のオリジナルアルバム「STEP」まで全41曲を披露。「CHANGE THE WORLD」はシングルメドレーの1つとして歌われ、「CHANGE THE WORLD」「WAになっておどろう」「愛なんだ」と続き、MCを挟んで「目を閉じれば」(未音源化楽曲)、アンコールで「95 groove」でライブは締めくくられた。

 「CHANGE THE WORLD」はV6が初めて担当したアニメの主題歌で、彼らにとっても思い入れのある曲。今回、ライブ終盤に同曲がセットリストにあり、その愛が伝わることもあって、SNS上では同曲への思いが続々とあがった。

 「私がV6と出会ったのは、当時大好きだった犬夜叉のOPのCHANGE THE WORLDだったなあ。#V6ありがとう」「CHANGE THE WORLDが流れてきた瞬間、この時間が永遠だったらいいのにって、叶わない願いを強く思ってしまって、そっからティッシュとお友達だった」「犬夜叉のOPで当時大好きでこの曲聴くとワクワクしてアニメを観てたのにまさかこの曲で泣く日が来るとは思わなかった」

 「犬夜叉好きならV6も自動的に好きになるよね。こんないい曲ありがとうってくらい本当にOP映像含めありえないくらい最高なの」「犬夜叉を歌ってくれてありがとう!」

 また現在、『犬夜叉』の続きを描くアニメ『半妖の夜叉姫』が放送されているが、主演の松本沙羅は自身のツイッターを更新し「初めて犬夜叉を観たとき、TVから流れる『CHANGE THE WORLD』と共に描かれていた世界観に惹かれたのを今でもよく覚えています。あの時無くして今の私は居ないような気さえします。感謝してもしきれません。ありがとうV6ー!」と思いをツイートした。

 人気グループ・SixTONESの京本大我は、朝の情報番組『ZIP!』にVTR出演した際、「(当時)犬夜叉をリアルタイムで見ていて、V6の『CHANGE THE WORLD』がとてもすてきで」「初めてCDを買ってほしいと親に頼んで」「(今回の『半妖の夜叉姫』OP担当に)とても縁深く感じております」と熱く語っていた。V6が歌った『犬夜叉』の名曲は、多くの人の人生に深く関わっている。

 なお『犬夜叉』と言えば先日、テレビアニメ全167話の初ブルーレイ化&BOXシリーズの発売が決定したばかり。「犬夜叉 Complete Blu-ray BOX」シリーズとして、「出会い編」「激闘編」「七人隊編」「成長編」の全4巻の大ボリュームにて12月24日より発売予定。各巻には、全オープニング・エンディングのノンテロップ映像や、過去発売されたオリジナルサウンドトラックアルバムも収録の豪華特典仕様になっている。