サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から誕生した11人組グローバルボーイズグループ・INI。デビューシングル「A」発売日の3日、都内でリリース記念生配信イベントを開催した。

【写真】ポーズを決めて…リリース記念生配信イベントを開催したINI

 INIは、サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101JAPAN SEASON2』で、番組視聴者である”国民プロデューサー”の投票により選ばれた池崎理人(※さきはたつ崎)、尾崎匠海、木村柾哉、後藤威尊、佐野雄大、許豊凡、高塚大夢(※たかははしご高)、田島将吾、西洸人、藤牧京介、松田迅によるグローバルボーイズグループ。グループ名・INIは、“『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』で出会った11人の僕たち(私:I)があなた(I)と繋がり合う(Network)”という意味が込められている。

 「ついにリリースされました。おめでとう!」と木村があいさつ。そして、10月30日に19歳になったばかりの松田の誕生日を祝福した。生配信では、「A」のええポイントをアピールしたり、「Rocketeer」の振り紹介などをしていた。

 また、同シングルは11月2日付のオリコンデイリーシングルランキングで36万6336枚を売り上げ、1位を獲得した。1位獲得が発表されると全員が抱き合って喜んだ。木村は「この順位は、僕たちの力だけで得たものではなくて、MINI(ファンの総称)の皆さんはじめ、たくさんの方がMVを見てくれたり、SNSでハッシュダグを作って盛り上げてくれた。きょうというデビューに、たくさん投稿してくれたことを、しっかり知っていますし、しっかり届いています。僕らのために応援していただき、ありがとうございました」と感謝する。

 最後は「MINIの皆さん、本当にありがとう!」と声をそろえていた。