『仮面ライダーX』(1974年)の仮面ライダーX/神敬介(じん・けいすけ)役の速水亮(71)、『仮面ライダーZX』(1984年)の仮面ライダーZX/村雨良(むらさめ・りょう)役の菅田俊(66)、『仮面ライダー(新)』(1979年)のスカイライダー/筑波洋(つくば・ひろし)役の村上弘明(64)が1日、東京・日比谷周辺で開催中の『第34回東京国際映画祭』(~11月8日)内で開かれた今年で生誕50周年を迎えたヒーローの元祖『仮面ライダー』のイベントに登壇した。

【動画】仮面ライダーX・ZX・スカイライダーが集結!変身ポーズを生披露

 4000人以上のオーディションから村上は役をつかみ取った。応募の経緯を問われると村上は「事務所が私の了承なしに応募した」とする。当時、仮面ライダーを見ていなかったため、参加を拒否しようとしたが、マネージャーの説得もあり、受けることとなったという。

 あれよあれよと1次審査、2次審査を通過し、次に待っていたのがバイクシーンの審査。当時、免許を持っていなかった村上は無理やり乗り「混乱状態で、止まろうとしたけどブレーキがどこかわからない。しょうがないからバイクから飛び降りた。そしたらエンジンが掛かったまま、横滑りして審査員席に向かっていった。審査員席は石ノ森章太郎さん、東映の重役の方々、テレビ局のお歴々が座っていた。みなさん、腰を抜かしてバイクの行方をずっと見ていない。その様子がスローモーションで見えた。スローモーションで見えた。最悪の結果だと思った。もうちょっと早く落ちるべきだったと後悔しました」と猛省したという。

 ただ、その審査も通過し、最終審査の5人に残った。最終審査はアクションのカメラテストだったが「4人は経験者で上手。僕は何もできなかった。その日は、それで終わったけど、なぜか私が8代目仮面ライダーに決定した。非常に不思議。今でも不思議」とオーディション秘話を明かしていた。