最新の全国映画動員ランキングトップ10(10月30日・31日、興行通信社調べ)が発表され、『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』が、土日2日間で動員22万5000人、興行収入3億4900万円をあげ、初登場1位を飾った。IMAX版の他、ドルビーアトモス、個々のシアターに合わせて音響を調整したフルダイブサウンド上映、日本映画初のIMAX 12chサウンド上映とさまざまな音響設備での上映が実施され、スクリーンアベレージもほか作品を大きく上回る150万円という高稼働のスタートとなった。

【画像】2位『老後の資金がありません!』以下の作品

 同作は、「ソードアート・オンライン」の原作者・川原礫によるリブートシリーズで、ヒロイン・アスナの視点で描く新たな《アインクラッド》編を、完全新作アニメーションで映画化。声の出演は松岡禎丞、戸松遥、水瀬いのりほか。監督は河野亜矢子が務めた。

 2位には、土日2日間で動員12万人、興収1億4900万円をあげた新作『老後の資金がありません!』がランクイン。巧みな設定で読者を取り込む稀代のストーリーテラー・垣谷美雨による小説を、天海祐希主演で実写映画化。共演は草笛光子、松重豊、新川優愛ほか。監督は『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲が務めた。

 3位は、2019年の本屋大賞を受賞した瀬尾まいこによる同名ベストセラー小説を、永野芽郁主演で実写映画化した『そして、バトンは渡された』。土日2日間で動員11万7000人、興収1億5800万円をあげた。初日から3日間の累計では動員16万人、興収2億円を超える好スタートをきった。共演は田中圭、石原さとみ、岡田健史ほか。監督は2位の『老後の資金がありません!』も手掛けた前田哲。

 先週、首位でスタートを切った『映画トロピカルージュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!』は、新作3作品に押される形で4位。5位でスタートした『CUBE 一度入ったら、最後』は9位となっている。

 ほかの既存作品では、6位の『燃えよ剣』が累計で興収8億円を突破。公開から5週目を迎えた7位の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は累計で、動員157万人、興収22億円。公開から7週目を迎えた8位の『マスカレード・ナイト』は動員254万人、興収34億円を突破した。

■全国映画動員ランキングトップ10(10月30日・31日)
1(NEW)劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア(公開週1)
2(NEW)老後の資金がありません!(1)
3(NEW)そして、バトンは渡された(1)
4(1↓)映画トロピカルージュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!(2)
5(4↓)宇宙の法-エローヒム編-(4)
6(2↓)燃えよ剣(3)
7(3↓)007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(5)
8(6↓)マスカレード・ナイト(7)
9(5↓)CUBE 一度入ったら、最後(2)
10(7↓)DUNE/デューン 砂の惑星(3)
※11(8↓)劇場版 ルパンの娘(3)