独身俳優“最後の砦”と言われてきた佐々木蔵之介(53)が、結婚したことを発表した。お相手は一般女性で、所属事務所によると、「その他の公表は控えさえて頂きますまた、この件に関する会見の予定はございません。ご取材などにつきましてはお控え頂き、温かく見守っていただきますようお願い申し上げます」と伝えている。

【写真】2019年には… “独身最後の砦”としてコメントしていた佐々木蔵之介

 佐々木は1968年に京都市の造り酒屋に生まれた。神戸大学農学部を卒業後、役者の道に進み、「劇団ピスタチオ」を立ち上げ。上京後にテレビや映画へと活動を広げ、NHK連続テレビ小説『オードリー』をはじめ数々の作品に出演している。代表作は、映画『間宮兄弟』、『ハンチョウ~神南署安積班~』シリーズ(TBS)など。

  現在、テレビ朝日系のドラマ『和田家の男たち』に出演中で、共演する相葉雅紀(嵐)も今月に結婚を電撃発表したばかり。おめでたい話が続くことになった。