俳優・綾野剛が主演するカンテレ・フジテレビ系“月10”ドラマ『アバランチ』(毎週月曜 後10:00)の第3話が、きょう1日に放送される。

【動画】サンドバッグを殴る高橋メアリージュン! 『アバランチ』第3話予告編

 破天荒な集団“アバランチ”が巨悪に立ち向かうダーティーなサスペンスドラマ。第2話では、警視庁特別犯罪対策室の室長・山森美智代(木村佳乃)をはじめ、羽生誠一(綾野剛)、西城英輔(福士蒼汰)、明石リナ(高橋メアリージュン)、打本鉄治(田中要次)、牧原大志(千葉雄大)による“アバランチ”チームが、発展途上国支援をしていた女性が不審死した事件の闇を追い、六車泰次郎(板尾創路)と黒田正治(嶋田久作)の汚職を暴いた。

 第3話では、黒幕とみられる内閣官房副長官・大山健吾(渡部篤郎)の尻尾をつかむため、山守が次のターゲットとして、各界の超VIPが通う高級会員制サロン・悠源館を経営する黄月蘭子(国生さゆり)に狙いを定める。蘭子は、悠源館で交わされた密約や談合といった情報を利用し、総理大臣・郷原栄作(利重剛)の信用をも得ていた。山守は、蘭子が隠し持つと言われる極秘情報が詰まった通称「Kファイル」を手に入れ、裏で糸を引く大山をあぶり出そうと考えたのだ。

 牧原でも手出しできないほどのセキュリティーが導入されている悠源館に、身分を偽ってホステスとして潜入することになったリナ。ここ数年、従業員のホステスが何人も不審死を遂げている悠源館に対し、リナはある特別な思いを抱えていた。そんなリナの怒りと悲しみを察した羽生は、彼女を心配するが…。

 その頃、西城からアバランチの真の目的を問い詰められた山守は、3年前に起きた事件について語り始める。その一方で、アバランチの正体を突き止めようと暗躍する大山の手が、山守のすぐそばまで伸びてきて…。