音楽ユニット・いきものがかりの水野良樹が30日、千葉・イオンシネマ幕張新都心で行われた『「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!」Dolby Atmos体験上映会』にラプライズで登壇した。5月に中止となったツアーの幕張公演以来のメンバー登場となり、ツアーの裏話なども語ってファンを喜ばせた。

【写真】サプライズで登場したいきものがかりの水野良樹

 いきものがかりのライブ映像を立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」で上映。水野は「Dolby Atmosによって皆さんが感じる新感覚に対して、僕らアーティストも応えていかなければならないと感じています」とし、「これからのライブもそうですし、いろいろな方と議論をしながら、どんどん新しい作品を作っていきたいです。みなさんにも新たな音楽の楽しみ方を見つけていただきたいですし、僕も見つけていきたいと思います」と力を込めた。

 Dolby Atmosは、モノラルとステレオの制約を超えて、まったく新しい方法で音楽を表現できる立体音響技術で、いきものがかりのライブ映像作品『いきものがかりのみなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!』(11月3日発売)に搭載される。この日、ファン100人が従来の音響技術との違いを確認し、本編上映後は鳴り止まない拍手に包まれた。

  全国5大都市のソニーストアでも同音響技術を体験できるイベントを実施。また、11月23日には全国70ヶ所の映画館で1日限定上映会が開催される。

■いきものがかり・水野良樹 コメント
「Dolby Atmosによって皆さんが感じる新感覚に対して、僕らアーティストも応えていかなければならないと感じています。これからのライブもそうですし、いろいろな方と議論をしながら、どんどん新しい作品を作っていきたいです。みなさんにも新たな音楽の楽しみ方を見つけていただきたいですし、僕も見つけていきたいと思います」