衆議院議員総選挙の投開票日の今日。“選挙に行く”桜文鳥・きのこ君の動画にも注目だ。ミニチュアで再現された投票所で、投票用紙を記入する机(投票記載所)に立ち寄り、続いて投票箱へと向かう様子は、まさに投票所での一幕。撮影時の様子や、きのこ君の魅力について飼い主のきのこ氏さん(@suz_kinoko)に話を聞いた。

【動画】「投票の流れがわかってる!」 投票用紙に記入して、投票箱へ…選挙へ行く文鳥・きのこ君 可愛すぎる投票の様子

■本物の投票所に見えるように投票立会人も設置、「文鳥の動きは基本的に運」

 元々ミニチュアが好きだという飼い主さん。「選挙投票」のほかにも、さまざまなフィギュアとともにきのこ君の姿を撮影。ミニチュアとのサイズ感がぴったりで、フィギュアの世界に自然に溶け込む姿がSNSで反響を呼んでいる。「ニンゲンの投票所では丁寧に案内してくれるので大丈夫です」と投稿主のコメントの通り、最後には行先に迷ったのか投票箱の上に乗り、勢いよく飛び立つ姿も文鳥らしくてかわいい。

――選挙投開票日というタイミングですが、きのこ君が選挙投票をする動画を撮影しようと思った理由を教えてください。

【飼い主さん】自分の主義主張は含めないようにしているのですが、時事ネタで撮りたいと思っていたところ、ガチャガチャで手に入れたちょうどいい大きさの投票箱があったので撮影しました。

――ガチャガチャで投票箱もあるんですね。ミニチュアのセットについても投票用紙に記入するデスクや、投票箱の配置など、本当の投票場に似せて再現されていますね。こだわった点はありますか?

【飼い主さん】受付や投票立会人を置いて実際の投票所に見えるよう工夫しました。カメラは文鳥が中央に来るようにセットしています。

――おやつを置いて文鳥の行先を誘導しているそうですが、動画では「投票用紙に書き込み→投票箱に投票」と、まさに投票所での流れの通りの動きです。撮影には何回か挑戦されたのでしょうか。

【飼い主さん】どの動画でもリテイクは数回だけです。いつも、特に最初の1~2回が一番楽しい動きをしてくれます。文鳥が好きなように動いているので、基本的に運なのですが、一応最初に向かってほしいところにおやつが真っ先に見えるようにセットしています。

――「選挙投票」のほかにも、「アルコール消毒」などリアルなシチュエーションを再現したり、『鬼滅の刃』などアニメ作品のフィギュアと絡めたさまざまなシチュエーションの動画を撮影されていますね。きのこ君は、ミニチュアに対しても物怖じしないように見えますが普段はどんな反応しているのでしょうか?

【飼い主さん】初めてのフィギュアは少し警戒することもあります。大体は何度かつついた後、すぐ大丈夫と判断して噛んだり乗ったりしてくれます。特にミニチュアの箸・スプーンなんかは咥えて飛んでいってしまいます。

――動画撮影やフィギュアを使って遊ぶ際に気を付けている点などありましたらお教えください。

【飼い主さん】飼い鳥とはいえ動物ですので、飼い主が「遊んでもらっている」気持ちを忘れずに撮っています。あと、撮影中と撮影後には謝礼としておやつを多めにお支払いしています。

――今後、きのこ君とどのように過ごしていきたいでしょうか。

【飼い主さん】これからも変わらず人にくっついていてくれれば嬉しいです。ただ、一緒に暮らすシルバー文鳥のソニーとは同時に放鳥するとすぐケガには至らないまでもケンカになるのに、なぜかずっと近くにいる関係なので、少しずつでいいから仲良くしてほしい…。