「第34回東京国際映画祭」で1日、映画『ムーンライト・シャドウ』が上映され、観客とのQ&Aに主人公・さつき役の小松菜奈、さつきの恋人・等役の宮沢氷魚、そして、等の弟・柊役の佐藤緋美が登壇した。3人にとって、初めての“国際映画祭”への参加となった。

【動画】小松菜奈<月影現象>があったら「猫にもう一度会いたい」

 満席の観客の前で、小松は「初めての東京国際映画祭に『ムーンライト・シャドウ』で参加させていただき、とても光栄ですし、久々にこのメンバーと会えてうれしいです。来日しているエドモンド・ヨウ監督とは一緒にこの舞台には立てなかったですけど、きっとどこかで見守ってくれていることと思います」とあいさつ。

 宮沢は「この度は、このような素敵な映画祭にこのメンバーで参加できてとてもうれしく思っております」、佐藤も「僕も初めての東京国際映画祭です。小松さんと宮沢さんに会えてうれしいです」と、喜び合った。

 同映画は、吉本ばななの同名小説の映画化作品。司会を務めた東京国際映画祭ディレクターの市山尚三から「最初にこの作品のオファーがあった時にどのように思われたのか」と問われた小松は「監督もキャストも異色のメンバーだったので、どんな”世界”に連れて行ってもらえるのだろうと、すごくワクワクしました。また、吉本ばななさんの作品は、日本だけでなく、海外でも長く愛され続けている作品でもあるので、そんな作品に参加させていただけるということに、とても感謝しております。私もその世界に飛び込んでみたいと思いました」と返答。

 さらに、国内外の映画を数多く観ている市山からしても、「相当難しい役柄」と言わしめる小松演じるさつきというキャラクターの役作りについて聞かれ、「撮影が始まったのは、等(ひとし)が亡くなったシーンからだったので、楽しいシーンからではありませんでした。最初は、さつきが体感していた美しいだけでない現実を想像しながら、自分で丁寧に作り上げていくしかなかったですけど、ほかのキャストの方々と目を合わせながらお芝居していく中で、さつきの繊細な感情を見つけていきました」と共演者に感謝を述べながら、撮影時のことを回想した。

 続いて、本作の最も重要な場面であり、満月の夜の終わりにもう一度死者と会えるという不思議な“月影現象”によって、等が再び現世に戻るというシーンについて聞かれた宮沢は「あのシーンは、エドモンド監督とも何度も話し合いをしながら、撮影しました。等は、もはやこの世界には存在しない人物ではありますが、さつきに会えた喜びや安堵の気持ちを大事に持ち合わせながら演じました」と、語った。

 市山が映画を見て驚愕したという、セーラー服を着る柊という役を演じた佐藤について話が及ぶと「セーラー服はオーディションの時に着ましたが、着ること自体にはまったく抵抗はありませんでした。少し変わっている役を演じることはわかっていましたしね。でも、撮影中は少し寒かったですね。撮影は12月でとても寒い時期でしたが、氷魚君がキンキンに冷えた川に入るシーンとかは、見ていて僕もつらかったですね」と当時を振り返ると、宮沢が「あれは寒かったです。しかも、あのシーンは本編では使われていないんですよね」と暴露し、会場は笑い声で包まれた。

 最後に、観客から作中で描かれる「月影現象」に実際に遭遇した場合、誰に会いたいかという質問を受け、小松は「実家で飼っていた猫に会いたい」と答え、家庭の事情で猫の世話をできる人がいなくなったこともあり、「誰かに(猫を)見てもらわなきゃいけない、誰にお願いしようか、と悩んでいた次の日に、猫ちゃんがいなくなってしまい、そこからもう帰ってきませんでした。もう、何年も経ってしまったんですけど…最後にきちんと『大好きだよ』って言葉で伝えたかったです。急にいなくなってしまうと、ちゃんと伝えられなかったなとか、いろいろ悔いが残ってしまって…。なので、もし、そういう現象があったら飼っていた猫に会いたいです」と愛猫との再会を望んでいた。

 宮沢は亡くなった祖父と返答。「頭がとても良くて戦争も経験していて。本当にいろいろつらい経験をして、その結果、お医者さんになったんですけども、激動の時代を生きた人だったので。その時の生き方とか、どういう人生を歩んだのか、ということを聞いてみたいです」と話した。

 佐藤は「僕は父方の曽祖父ですね。オランダとノルウェーのミックスのアメリカ人で、まだ戦争中だった時に料理人として日本に来たんですが、会ったことないので、会ってみたいです」と、答えていた。