映像・音楽・ファッションなどさまざまなカルチャーシーンで活躍するディーン・フジオカが企画・プロデュース、さらに主演も務める映画『Pure Japanese』(読み:ピュアジャパニーズ)(2022年1月28日公開) の異様な雰囲気を漂わせる場面写真9点が到着した。

【画像】映画『Pure Japanese』の世界観が伝わる場面写真

 過去のトラウマを抱えながらアクション俳優として生きる主人公が、両親のいない孤独な女子高生を救う、王道クライム・サスペンス×ボーイミーツガールとして描きつつ、一皮めくると別の一面が見えてくる――。どちらの主人公が本当なのか? 主人公の持つ二面性を描く狂気のバイオレンス・アクション・ムービー。

 観光客にショーを見せる忍者キャストとして働く主人公・立石(ディーン・フジオカ)と、過去のトラウマから隠していたバイオレンスな部分が解放されていく中で見せるもう一つの立石の様子や、血だらけのセーラー服に身を包み、なぜか笑いながらショットガンを持つ少女・アユミ(蒔田彩珠)の姿、さらにはアユミを危険にさらそうとヤクザとともに計画している県議・黒崎(別所哲也)やそのヤクザ長山組に所属する陣内(坂口征夫)のカットも。そんなアユミを救おうとヤクザの元へ乗り込む立石と陣内が刀を交差している姿はただ事ならぬ狂気を感じさせる。