女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。きょう29日は、いよいよ最終話が放送され、りょーちんこと及川亮(永瀬廉)も新たな出発を果たした。

【場面写真】手をつないで幸せな笑顔を見せる百音&菅波

 最終週(25日~29日)のタイトルは「あなたが思う未来へ」。永浦家では、未知(蒔田彩珠)の大学合格をお祝いするため、幼なじみたちが集まっていた。そこで百音(清原)は、あの日以来開けられずにいたサックスケースを開こうと決意する。ときは2月になり、百音、未知、新次(浅野忠信)たちに見送られ、亮(永瀬廉)は海へ。そして、耕治(内野聖陽)と龍己(藤竜也)も海へ、それぞれの道を歩み始める。そして数年後…という内容だった。

 ついに自身の船を手に入れた亮。晴れの日には、大勢の人がかけつけ、そこには新次の姿も。「いい船でねえか」と喜ぶ新次は、「美波はこういうのが好きだから」と“大漁カンバン”という長はんてんを手渡した。そして亮は「どうよ親父、俺の船だ!」といい、新次も笑顔と拍手で息子の晴れ舞台を祝った。亮は見守る人たちに手を振り、「行くぞー!」と高らかに宣言して、亮の出演シーンを終えた。

 SNSでは「及川親子の笑顔が見られてよかった」「りょーちん、かっこよかった」「最高にかっこよかった!及川親子に幸あれ!」「りょーちんの明るい笑顔見られて明るい声が聞けて本当にうれしい!」など、笑顔となった2人の姿を喜ぶ声が多く寄せられている。