米俳優キアヌ・リーブスが主演する伝説のアクション映画の最新作『マトリックス レザレクションズ』の公開日が12月17日に決定した。全米公開の12月22日に先駆けての公開となり、日本のファンにとってはひと足早いクリスマスプレゼントとなりそうだ。なお、本作は現在IMAX、Dolby Cinemaでの上映も決定している。

【動画】キャスト陣が『マトリックス』を語る特別映像

 そして、同作に出演するキャスト陣が『マトリックス』の衝撃を振り返る、特別映像も到着。登場するのは、主演のキアヌ・リーブスをはじめ、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミスら前作からの続投キャスト。

 さらに、ネオを導くモーフィアス役のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(『アクアマン』のブラックマンタ役など)、ネオの宿敵エージェント・スミス役のジョナサン・グロフ(Netflixオリジナルシリーズ『マインドハンター』主人公のFBI捜査官ホールデン役など)、ほかにもニール・パトリック・ハリス、ジェシカ・ヘンウィック、プリヤンカー・チョープラーなど、新章で初登場するキャストも多数登場し、『マトリックス』の印象的なシーンと共に、自身が『マトリックス』と出会った時の感動や衝撃、後世に与えた影響についてそれぞれ語る様子が収められている。

 主演のキアヌは、「『マトリックス』を作ることは、自分を超えた新しい世界への挑戦だった」と当時を振り返ると共に、「『マトリックスで人生が変わった』と言われたら、『ありがとう、僕もだよ』と答えているんだ」と、作品の影響力の高さをキアヌならではの温かみあふれる言葉で表現。キャリー=アン・モスは、本作で人生が大きく変わったことを「一生に一度のチャンスだった」と表現し、「『よけてみな(Dodge this.)』があんなに有名になるなんて!」と多くのファンに愛されている劇中のせりふに言及。そのほか、興奮気味に『マトリックス』について語るキャストたちのコメントは必見だ。