MBSアナウンサー39人の顔ぶれが楽しめる『MBS アナウンサーカレンダー2022』が、23日に発売される。アナたちが企画から携わり、今回は大阪の多彩な建築物を背景に、各月それぞれのテーマで撮影を行った。

【写真】2018年の『MBSアナウンサーカレンダー』

 
 同局のカレンダーはアナが制作に携わるのが特徴で、2022年版で10作目となる。「大阪 旅する建築~過去から未来へ~」をテーマに、「生きた建築ミュージアム実行委員会」の協力をあおぎ、大阪の人々の営みとともに行き続けるさまざまな建築物を舞台に各月を構成し、見る人を時空と建物の旅にいざなう。

 1970 年大阪万博の頃 にオープンした梅田の純喫茶のノスタルジックな店内で番組反省会を行う河田直也アナ、大吉洋平アナ、野嶋紗己子アナの姿や、40年以上前に開業したカプセルホテルではしゃぐ井上雅雅アナ、山中真アナ、藤林温子アナの姿など、男女39人のアナが登場する。

■MBSアナウンサーのコメント
松井愛
「私たちが暮らす大阪にも、こんなに絵になるすてきな建物がたくさんあるんですよね。遠出の旅行ができなくても、39人のアナウンサーみんなで大阪を旅した気分。そして、旅といえば…どのページにも“紙飛行機”があることに、みなさん、気づきましたか?」

松川浩子
「車で連れられていったところは同じ大阪なのに、まるでタイムトリップしたような場所。『へぇー、わぁー、すてきー!』、美しい建築に感嘆の声が漏れてしまうようなすてきな場所で、それぞれのアナウンサーのキャラクターが透けてみえるかもしれません。『建築とアナウンサー』その統一感を? ギャップを? ご一緒にお楽しみください」

藤林温子
「日本で最初に作られたカプセルホテル、今でも使われています。なので、まさかの、パジャマでの撮影! 建物を一番活かせるように頑張りました!(男性専用なので女性で入ったのは初) 今回は特典映像も見どころの一つなので、建物の映像とともにふだん見られないアナウンサーの魅力も楽しんでほしいです!!」