ディズニーがグローバルに展開する公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の『APAC(亜細亜太平洋地域)コンテンツ・ショーケース』が開催。俳優の仲野太賀、草なぎ剛、女優の伊藤沙莉で、俳優・松尾諭のエッセイ『拾われた男』をドラマ化。Disney+での独占配信が決まった。

【動画】「松尾先生から役をいただきまして」個性派俳優・松尾諭をイジる草なぎ剛

 個性派俳優の松尾が自らの波瀾万丈の俳優道を描いたエッセイ『拾われた男』(文藝春秋)。一枚の航空券を拾った事から始まる予測不可能な俳優としての道のり、運命的な恋人との出会い、そして兄を救うためのアメリカへの救出劇など、不思議なご縁でまさかまさかの人生が広がる、抱腹絶倒ヒューマン・コメディとなる。

 松尾がモデルの主人公を演じる仲野は「松尾さんの原作で、ディズニーとNHKが一緒に作る。まさか自分に、このお話が来るとは思わなかった。すごく不思議な気持ちでいっぱいです。ここから撮影が始まってくるので、松尾さんに怒られないように楽しく演じられたら」とちゃめっ気たっぷり。

 妻になる女性を演じる伊藤は「結構前から松尾さんに『君にやってほしい役があるんだ』と」と直談判されたそう。「先生からオファーをいただいた」と伊藤の一言に松尾は「先生って言わないで…」と大照れ。そんな様子に自然と笑顔になった伊藤は「すごい大役を任された。2人の描写が戯曲みたいなところがる。そこの表現が好きなので、原作で描かれている夫婦愛の世界観を壊さずに表現できたら」と力込めていた。

 兄役となる草なぎは「松尾先生から役をいただきまして…。ありがたい限り…」と伊藤にかぶせて笑いを取ると「本を読ませていただいたんですけど、ぐっとくる。松尾先生に怒られないように頑張りたい」と力を込めていた。

 そんな松尾は「正直なところ浮かれております」とこらえきれず満面の笑みで語る。「書籍化するときも、ドラマの話のときも、浮かれそうな気持ちを、ぐっと我慢したんです。浮かれるとロクなことが起きないので…。浮かれないようにしているんですけど、今、すごい浮かれています」と浮足立っていた。仲野へは「すごいステキな俳優さん。あまり僕のことを意識せずに自由に気ままにやってもらいたい」とメッセージ。すると仲野は「先生に、そう言ってもらえると心強い」と返し、松尾を照れさせていた。