ディズニーがグローバルに展開する公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の『APAC(亜細亜太平洋地域)コンテンツ・ショーケース』が開催。俳優・松尾諭のエッセイ『拾われた男』(文藝春秋)がドラマ化され、俳優の仲野太賀、草なぎ剛、女優の伊藤沙莉が出演し、「Disney+」で独占配信されることが決まった。

【集合ショット】草なぎ剛&仲野太賀も登壇!楽しそうなキャスト陣

 タイトルにかけ、イベントでは“拾われたこと”についてトーク。伊藤は「コンプレックス解消としては、朝ドラのヒロインオーディションは『なんで受けさせられているんだ。ヒロインタイプじゃないのに』という気持ちでソワソワしながら受けていた」と振り返る。

 それが変わったのが松尾とも共演した『ひよっこ』でのオーディション。上品な言葉遣いの友だちという役どころだったが「当時、ヤンキーの役をやってて、金髪のプリン(髪)というヤバい状態のまま、お嬢様言葉をしゃべっていた。それを脚本の岡田(惠和)さんが『その様が面白い』と、米子という役を当ててくださった。あそこで岡田さんが見出してくれなかったら、ずーっと朝ドラ恐怖症になっていた。そこから貴重な経験やありがたいことが続いたので“拾われた”ことかな」と裏話を交えながら感謝していた。

 個性派俳優の松尾が自らの波瀾万丈の俳優道を描いたエッセイ『拾われた男』。ドラマは、一枚の航空券を拾った事から始まる予測不可能な俳優としての道のり、運命的な恋人との出会い、そして兄を救うためのアメリカへの救出劇など、不思議なご縁でまさかまさかの人生が広がる、抱腹絶倒ヒューマン・コメディーとなる。