タレントのタモリ(76)がテレビ朝日の生放送音楽番組『ミュージックステーション』(毎週金曜 後9:00)の司会者として、ギネス世界記録に認定されたことが明らかになった。今年9月17日付で「同一司会者による生放送音楽番組の最長放送(Longest running live TV music show hosted by the same presenter)」として認定。11月17日発売のギネスブックに掲載される。

【別カット】ギネス世界記録認定証を手に笑顔を見せるタモリ

 『Mステ』の愛称で親しまれる『ミュージックステーション』は、1986年10月24日に放送が開始され、35周年を迎える。初代司会は関口宏で、タモリは1987年4月3日、2代目司会に就任。2021年9月17日放送時点で34年168日、計1365回の在任となり、この記録が書籍『ギネス世界記録2022』日本語版に掲載される。

 タモリは2014年3月31日、フジテレビ『森田一義アワー 笑っていいとも!』最終回で「同一司会者による生放送バラエティー番組の最多エピソード数(8001回)」でもギネス世界記録に認定されており、2つ目のギネス記録保持者に。「一回もらうだけでも大変なことだと思うのに…。決して自分を褒めているわけではないですけれど、二回もいただけるなんて思ってもいなかったので、大変光栄なことです」とコメントした。

 長きにわたる『Mステ』司会の中で最も印象に残っていることは「t.A.T.u.でしょう(笑)! あれは忘れられないですし、あれを超える出来事はないでしょうね」と、2003年6月27日の放送でロシアの女性デュオ・t.A.T.u.(タトゥー)が、オープニングには出てきたものの、出番では楽屋から出てこず、“ドタキャン”した伝説の事件をあげた。今後の目標は「ないですね」と笑いつつも、「100歳超えてもやれたら面白いですけどね」と意欲もみせた。

 あす15日には『ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル』(後6:00~9:48)が生放送される。

■タモリのコメント全文

――二度目のギネス世界記録認定となりましたが、お気持ちは?

【タモリ】一回もらうだけでも大変なことだと思うのに…。決して自分を褒めているわけではないですけれど(笑)、二回もいただけるなんて思ってもいなかったので、大変光栄なことです。

――この35年間の『ミュージックステーション』の中で一番印象的な出来事、記憶に残っている出来事を挙げるとしたら?

【タモリ】それはやはり、t.A.T.u.でしょう(笑)! あれは忘れられないですし、あれを超える出来事はないでしょうね。

――これだけ長く番組が続く秘訣は?

【タモリ】それはもうひとえにスタッフの努力だと思います。皆さん、本当によくやってくれていますから。

――「正直、休みたいな」と思ったことはありましたか?

【タモリ】それはなかったですね! 最新の音楽を生で聴くことができる、というなかなかない番組ですから、何よりも楽しいという気持ちが強いですよ。芸能界に入ってよかったな、と思っています。

――番組は35周年を迎えましたが、今後の目標などはありますか?

【タモリ】ないですね(笑)。100歳超えてもやれたら面白いですけどね。