女優の加賀まりこ主演、塚地武雅と親子役で初共演した映画『梅切らぬバカ』(11月12日公開)にて、自閉症を抱える息子・忠男役を演じる塚地が役作りついて明かした。

【動画】映画『梅切らぬバカ』予告編

 お笑いコンビ・ドランクドラゴンとして活動しながら、映画『間宮兄弟』で日本アカデミー賞新人賞を受賞し、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)など俳優としても活躍中の塚地。芸人と俳優という二足のわらじも20年になる。「演技が上手いと思う芸人ランキング」の投票でも1位になるなど、その実力は折り紙つきだが、本作のオファーを受けた時は、不安もあったという。

 「今までも演技の仕事はさせていただいていましたが、コメディリリーフだったり、ジャンルも人情コメディなど、お笑い芸人であることが活かせる役が多かったので、僕にできるのかと思いました」と謙虚に語る。

 そんな彼が、忠(ちゅう)さん役を自分のモノにするために役作りとして行ったことは、リアリティの追求。実際にグループホームを訪問して、自閉症の人たちの生活を観察し、ご家族や世話をしている人たちの言葉に熱心に耳を傾けたという。
「そうする中で自分の中に忠さん像が見えてきて、それを真っ直ぐに演じました。感情に忠実だったり、規則的な習慣がある、母の教えを守るといった部分などは、どこか幼児のようで、そのまま大人になったような風にも解釈し演じました」と、演じたキャラクターについて語る。

 そんな塚地の演技に太鼓判を押したのは、塚地が訪れたグループホーム“中落合あしたホーム”の代表である及川潤さん。撮影に立ち合う中で、塚地の変化に驚いたそう。「撮影当初は、入居者の方はそういう動き方はしません等、アドバイスをしていたのですが、後半はもう何も言うことがないぐらい完璧に役になりきっていました。むしろ、こういう入居者がいたら、自分はどう接するのだろうと考えながら現場に居ました」と、明かしている。

 本作は、和島香太郎監督が脚本も手がけ、地域コミュニティとの不和や偏見といった問題を取り入れながら、年老いた母親・珠子(加賀)と自閉症を抱える息子・忠男が社会の中で生きていく姿、何気ない日常、その揺るぎない親子の絆をあたたかく丁寧に描いた作品。