女優の志田未来が、14日放送のフジテレビ系バラエティー『千鳥のクセがスゴいネタGP 秋の2時間SP』(後8:00)に出演。同番組の人気シリーズ「土佐兄弟の“高校生あるある集~高校生ゆうきの日常~”」でクセスゴネタに挑戦する。

【写真】『SUPERRICH』から赤楚衛二&古田新太もゲストで登場!

 志田が以前スタジオ出演した際に「ネタにも参加してみたい!」と熱望したことがきっかけで、ついにネタへの参加が決定。高校生・ゆうきの日常を描く“高校生あるある”には、これまで元・光GENJIの内海光司と佐藤アツヒロや、俳優の笠松将や鈴木福、ほかにもフワちゃんなどとさまざまなコラボを繰り広げてきた大人気シリーズ。

 今回は「空気マジ読めないやつ」「まじめな雰囲気なのに補習にいる女子」「文化祭準備中 我慢の限界来た女子のリーダー」といった、誰もが思わず“あるある”と言ってしまうようなシチュエーションを3連発で放送。女子高生を演じる制服姿の志田が、アドリブに笑ってしまいそうになるのをこらえながらクセスゴネタに挑む。

 収録後に「完全燃焼しました」と話す志田に対し、相手役の土佐兄弟・有輝は「台本を志田さんが一字一句間違えずに全て暗記をしてくださってきていて、むしろ僕が台本を間違えてしまいました」とこぼすなど、志田の笑いを超えた本気の演技に、千鳥の大悟が思わず「教室に見えるなぁ」と驚きをみせると、ノブも「良い作品に見えた」と感心しきり。

 さらに、スタジオでは同日スタートの木曜劇場『SUPER RICH』に志田とともに出演する古田新太が「(志田)未来はどういうつもりなんだろう」と笑い、同じく共演者の赤楚衛二と共にその高い演技力と、絶妙な笑いの融合を楽しむ様子も。数々の作品で見る者を魅了してきた演技派女優と、今SNSで若者たちから絶大な支持を得ている人気芸人によるクセスゴコラボは見逃せない。

 今回の2時間SPにはそのほか、豪華なクセスゴネタがラインナップ。“クセスゴ歌謡祭”では、歌うま女王・加藤礼愛は、“心の声が漏れすぎる”ラップでおなじみのとろサーモン久保田と大人気曲を熱唱するほか、人気急上昇中の日谷ヒロノリ(佐久間一行)は待望の新曲を遂に今夜初解禁する。そしてEIKO(狩野英孝)が歌い上げる新たな名曲にスタジオの赤楚が「最高でした」とコメントするなど、その気合の入ったクセスゴアレンジも披露される。

 シリーズコントではレインボーの「連続テレビ小説 ひやまとみゆき」、見取り図の「南大阪のカスカップル」のほか、ネルソンズの「ゾンビ シーズン2」など人気作品もそろい踏み。コラボネタでは、神奈月&東儀秀樹、永野&高城れに(ももいろクローバーZ)といった異色の組み合わせが再び実現するほか、山崎育三郎が3時のヒロインとネタに挑戦するなど、まさかの夢コラボも盛りだくさんとなる。

●キャストコメント【志田未来】
・ご本人待望のクセスゴネタに挑戦しました
「フワちゃんさんとコラボしているのを拝見していて、とても面白かったので、同じように視聴者の方々に楽しんで頂けるかプレッシャーでしたが、私なりに頑張りました。前もって台本を頂いていたのですが、当日、土佐兄弟さんとセリフ合わせを繰り返して、もっと面白くなるように試行錯誤してくださったのが印象に残っています。アドリブに笑ってしまいそうになりましたが、こらえながら収録に臨みました。また、表情からもしっかり伝わるように意識して、普段のお芝居よりオーバーに演じてみました」

・他にも共演してみたい芸人さんやネタはありますか?
「私的には完全燃焼したので、今後については皆さまにお任せします(笑)」

・出演を楽しみにされている皆様へのメッセージもお願いします。
「緊張でいっぱいいっぱいになりながらの収録でしたが、楽しんで見ていただけるとうれしいです」

【土佐兄弟】
・志田未来さんとの共演という話を聞いたときの印象は? 普段のコラボネタとの違いは?
卓也「驚きました、昔から見ていた方だったので!でも見た目も本当にお若いので、女子高校生役にぴったりだなと思いました!ネタ作りに関して僕はわかりませんが、どんなネタや役でも志田さんはそれになりきって、すごく順応してくれるだろうと思っていました!」
有輝「『女王の教室』や『14才の母』など、自分が小学生の頃から見ていた女優さんなのに、僕の一つ年上ということに驚きました!同世代のスーパー女優さんとのコラボということでとてもうれしかったです!女子が出てくるネタは普段演じることができないのでやりたかったネタをたくさんできてよかったです。さらに志田さんの演技力がすごすぎて、大人しい女子から怖い女子まで完璧に演じてくださってもはや女神でした」

・収録前後で志田さんとのエピソードがあれば教えて下さい
卓也「むしろ、ネタをお渡しして、志田さんのイメージで演じてもらいましたが、これが本当に僕らのイメージ通りというか、ある意味イメージ以上というか、抜群でした!志田さんがゆうきにガムテープを投げつけるところがあるんですが、何テイクか回したのですが、すべてオッケーかかった後に、“大丈夫ですか?痛かったですか?すみません(笑)”などとお声をかけていたのが印象的でした!」
有輝「用意させていただいた台本を志田さんが一字一句間違えずに全て暗記をしてくださってきていて、むしろ僕が台本を間違えてしまいました。志田さんがプロすぎました」

・出演を楽しみにされている皆様へのメッセージもお願いします。
卓也「これからも多くの高校あるある、色々な方とのコラボをお届けしていきます!そしていつか、僕も画面に登場できる可能性を楽しみにしてて下さい!!」
有輝「過去一番と言ってもいいほどのリアル感のあるネタになっています。そして男子と女子の絶妙な関係性を志田さんの演技力で存分に楽しめるネタに仕上がっていると思います!ぜひお楽しみに!!」