人気グループ・A.B.C-Z(橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一)が13日、都内で行われたミュージカル『ABC座 ジャニーズ伝説2021 at Imperial Theatre』(12月7日~21日、東京帝国劇場)製作発表に登壇後、『A.B.C-Z 2021 But Fankey Tour』のため、香川・レグザムホールへと向かう強行スケジュールを決行した。

A.B.C-ZのTV出演情報

 会見のラストで、河合が「今から伝説を作ります!」とぶち上げたのが、午後6時から高松市で開催されるコンサート会場まで、スタッフ・マネージャーナシで、5人のみ自力で、陸路を使用して会場へ向かうという計画。

 午前11時に会見場を飛び出し、同11時30分には品川発の新幹線のぞみで岡山へ。午後2時40分に到着すると、同3時にマリンライナーに乗り換え。同4時に高松着で会場へ。そしてその30分後にはリハーサルをスタートする…というあまりにハードスケジュールだが、5人は無事に同4時30分に楽屋口へとやってきた。

 今作は、エンタメの高みを目指してアメリカにわたった“初代ジャニーズ”4人の奮闘と成長をA.B.C-Zが現代に蘇らせる作品の6度目の再演。今回はバリー・デヴァーソン役として佐藤アツヒロが特別出演する。

■A.B.C-Z到着コメント

河合「さあ無事に新幹線のって長旅を経て、今、楽屋口につきました」
五関「不思議な感覚だね。もう香川にいるという…」
戸塚「無事に着けて本当に良かった。コンサートに間に合わなきゃシャレにならないからね。バッドな伝説じゃなくてグッドな伝説になって良かった!」
塚田「地方での現場直行というのは初めてだったので、ファンの人と一緒になってこうやって会場入りしてくれているんだって雰囲気を味わいました。いい経験でした!」
橋本「めちゃくちゃ楽しかったです。マラソン大会しているみたいに皆さんに『頑張って!』って応援してもらえました」
河合「ファンの方も騒がずに遠くから見守ってくださったね」
五関「これからがコンサートの本番だから頑張りましょう!」
河合「リハーサル始まるので、楽屋入りしましょう!」
5人「(ホールの人々に元気よく)おはようございます!!」