女優の永野芽郁が主演で、田中圭、石原さとみが共演する映画『そして、バトンは渡された』(10月29日公開)より、永野と田中が演じる“血のつながらない父と娘”森宮親子にスポットをあてた本編&メイキング映像が解禁された。

【動画】映画『そして、バトンは渡された』メイキング映像(森宮親子編)

 血のつながらない親に育てられ4回も苗字が変わる不遇な環境ながらも、“あっけらかんとした性格”の主人公・森宮優子を永野が、優子の血のつながらない父親で、料理上手な森宮さんを田中が演じる。

 年齢も大きく離れているわけでもない永野と田中だが、永野が「(田中との撮影)初日に現場に行ったら、すでに森宮さんだった!」と語るように、撮影初日からすでに“森宮親子”の関係性は出来上がっていたよう。

 お互いの印象について永野は「人との壁がなく気さくに接して下さったので、本当に(田中さんの)存在が大きかったと思います」。田中は「本当に頑張っていて、素敵だなと思いました」と、役を飛び越えた絆と信頼関係を伺わせた。

 そんな“親子の絆”がメイキング映像には存分に詰め込まれている。中でも印象深いのが、卒業式で披露するためにピアノを練習している優子の隣に寄り添い、父・森宮さんが「旅立ちの日に」を歌唱するシーン。永野の伴奏に合わせ、心を込めて何度も歌い上げる田中。10代20代には定番の「卒業ソング」でもあり、未来に向かう若者の背中を押すような応援歌でもあるこの楽曲を歌う森宮さんの姿から、優子を心から応援している深い愛情が伝わってくる。

 今回の撮影のために、クランクインの3ヶ月前からピアノを練習していたという永野。練習を重ねて撮影に挑んだ永野を、親のように誇らしく近くで支える姿は、役を超えて本当の親子のようにすら感じる。田中の優しい歌声も印象的な、親子の絆を感じるシーンとなった。そしてもう一つ、田中演じる森宮さんが、娘・優子のために料理で愛情を表現する様子も収められている。料理上手な父親という役柄を演じるため、慣れない料理シーンを丁寧に監督と相談しながら撮影に望んでいく。娘のために一生懸命、包丁やフライパンを使う田中の貴重な料理シーンも見どころだ。

 3日間かけて撮影された森宮家のシーンは、何気ない日常の中で二人の絆が感じられるまでになったそう。撮影を終えた永野は、「3日間、楽しく親子の時間を過ごせました!」と振り返り、田中は、「今日もう終わるんでしょ? 寂しくてしょうがない」と話す。そして、永野にとって、父と娘の関係を表現できたのは田中の力がとても大きかったと語る。「『俺は、そんな森宮さんほど優しくないよ』と(田中さんは)仰ってましたが、私が思う森宮さんのイメージにピッタリで、とても感謝しています!」と、撮影の日々を振り返っていた。