ティモシー・シャラメが自身のSNSで、新作映画『Wanka(原題)』で演じるウィリー・ウォンカのファーストルックを公開した。同映画は、ワーナー・ブラザースにより2023年3月に全米公開予定。監督は、『パディントン2』(2017)のポール・キングが務める。

【写真】“ウィリー・ウォンカ”のファーストルック

 ウィリー・ウォンカ役は、1971年の『夢のチョコレート工場』ではジーン・ワイルダーが、2005年のティム・バートン監督による『チャーリーとチョコレート工場』ではジョニー・デップが同役を演じている。

 『Wanka』でティモシーが演じるのは、ロアルド・ダールが1964年に発表した児童書「チョコレート工場の秘密」に登場する前の、若き日の発明家ウィリー・ウォンカ。ミュージカル・ファンタジーと銘打っており、ティモシーが歌ったり踊ったりする姿も見られそうだ。

 キーガン=マイケル・キー、サリー・ホーキンス、『Mr.ビーン』で知られるローワン・アトキンソン、映画『ファーザー』にも出演していたオリヴィア・コールマン、『ダウントン・アビー』のジム・カーターらが共演する。